« 三浦半島めぐり(その1) | トップページ | 初クワガタ »

2004-06-27

三浦半島めぐり(その2)

灯台に到着してから雲行きがどんどん怪しくなったので帰ろうか考えましたが、せっかく強風の中頑張って来たので風力発電所まで行ってみることにしました(今日は相当な勢いで回っているはず)。
風力発電所といっても、巨大な風車のある公園のようなものです。確か実験のために建てられたようですが、今はどちらかというと観光用なのかな?発電はしているようですが、あたりは原っぱばっかりで、どこに送電してるんでしょうねぇ。せいぜい公園の外灯ぐらい?

DSC00838_s
遠くから見ると大したスピードで回ってるようには見えません

DSC00841_s
近づくとブォンブォンいいながら回っています

DSC00842_s
眼下にはマリーナがありました

この風車、説明用の看板をよく見ると回転数が決まっているようです(24回転/分か36回転/分)。ネットで調べてみたところ、風速によってブレード(羽根)の角度を変えて回転数を一定に保つそうです。原理的には風速が10倍になると発電量は1000倍になるそうですが、それだけの風圧・高回転に耐える頑丈な風車が必要になってしまうので、このような制御をするのだそうです。ポイントは『風車の設計では、風速の分布を調べて、どのあたりの風速を狙うと結果として発電量が最大になるかを考えます。』ということらしいです。

風と太陽(風力・太陽光ハイブリッド発電)
風力発電の研究
風力発電機一覧(家庭用?)

ところで、この風車の直径は31mで36回転/分です。そうすると風車の外周は31×3.14=97.34m。風車の先端は1分間で97.34m×36=3504.24m移動していることになります。これって時速で言うと約210キロ。すごいかも!当たったら間違いなく即死だな…。

回る風車の画像はこちら

公園で一休みして、さて小腹減ったしカロリーメイト食べてもうひと走りするかぁ、と思ったら無い…。そうなると急にお腹がすいていきて、それからは漕ぐ力も出ずへろへろになって帰りました。唯一の救いは帰りは追い風だったことかな。

|

« 三浦半島めぐり(その1) | トップページ | 初クワガタ »

自転車(ツアー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島めぐり(その2):

« 三浦半島めぐり(その1) | トップページ | 初クワガタ »