« 懐かしの板コレクション(その2) | トップページ | 懐かしの板コレクション(その4) »

2004-06-17

懐かしの板コレクション(その3)

3本目もまたもやATOMICです。この板は社会人になって初めて買った板で、さすがに競技用スキーは分不相応であると感じて一般モデル(いわゆるデモモデル)を選びました。で、この板はフラグシップモデルより一つランクは下がるもののデザインが似ている(これが重要)というのがポイントでした。

DSCF0171_s
ATOMIC SNOW MASTER(190cm)

そうそう、これが初めてのキャップスキーでした。サロモンがキャップスキーを出して大成功していたので、各社こぞって出していましたね。サンドイッチより扱いやすいだのいろいろいわれていましたが、結局のところメーカーにとっては安く作れるというのがポイントだったようです。最近はサンドイッチも見直されてますね。

DSCF0173_s
お約束の方程式ATOMIC+essVARです。この金具、トゥーピースがさんまのまんまのまんまに似ていることから、『まんま』と呼んでいました。それからなんと初めてプレート(10mm)も装着していました。まだカービングスキーがメジャーでない頃でしたが、プレートは出ていたんですねー。これを装着していたおかげか、エッジを立てるという感覚を掴んだのはこの板でした。今までにない横Gを感じて、『こっ、これは!?』と感激していました。そういう意味で、思い出深い板です。

|

« 懐かしの板コレクション(その2) | トップページ | 懐かしの板コレクション(その4) »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの板コレクション(その3):

« 懐かしの板コレクション(その2) | トップページ | 懐かしの板コレクション(その4) »