« 懐かしの板コレクション(その4) | トップページ | ニイニイゼミ初鳴き »

2004-06-21

円海山・大丸山周辺

横浜市の南部に『~市民の森』と呼ばれるがいくつか集まった広大な緑地があります。このあたりは丘陵地帯になっていて、百数十mの山(円海山や大丸山)が連なっています。具体的には瀬上市民の森・氷取沢市民の森・釜利谷市民の森・金沢自然公園・横浜自然観察の森・能見堂緑地です(マップはこちら)。

ネット上で検索してみると、どうやら自転車でも走れそうなので行ってきました。ほんとは朝早起きして行くつもりだったのですが、寝坊してしまい朝9時半ごろ付近の駐車場に車を止めて出発。ルートがいくつもあり、全部回るのは無理そうだったので、メジャーそうな道を広範囲にめぐることにしました。

DSC00806_s
のんびりした田園風景

まずは川沿いの道を行きます。最初はのんびりした田園風景でしたが、しばらくいくと急に深い沢に入り、深い森の中を行きます。横浜にもこんなに山深いところがあったのかー、と驚きました。最初は木道が整備されているのですが、すぐにダートになります。そのあとは橋あり、階段ありとなかなか走らせてくれません。あとでわかったことですが、自転車で快適に走るには沢沿いよりも尾根道を行くほうがいいみたいです。

DSC00813_s
山深い道です

DSC00814_s
これは担ぐしかないなぁ

汗だくになりながら自転車を担いで尾根道に着くと、そこからは快適でした。ただし天気のいい土曜日とあって、ハイカー(95%は中高年)が多く、あまり飛ばすことはできませんね。路面は踏み固められたダート、小石混じり、落ち葉道、岩盤といろいろ変化があっておもしろいです。MTBで走っている人もいました(結構本格的な格好してました)。

DSC00818_s
快適な尾根道

DSC00820_s
こんな岩場(?)もあります

DSC00822_s
ところどころ見晴らしのいいポイントもあります

ここ一帯は市の緑政局が管理しているようなので、今後もこのような自然が残る可能性が高そうです。で、会社への自転車通勤経路に組み込んだらなかなか楽しいかなーなんて考えています(その場合は走りやすい尾根道を選びますが)。ただ、もうちょっとダートを走りこまないとなぁ。今回はお手軽コースなはずですが、石畳や木の根っこや滑りやすい岩盤など意外とトリッキーな路面にやられ気味でした...。

|

« 懐かしの板コレクション(その4) | トップページ | ニイニイゼミ初鳴き »

自転車(ツアー)」カテゴリの記事

コメント

どこにも自転車が写ってませんねぇ。
やっぱり、これ見よがしに自転車の写真載せましょうよ。

投稿: IWA | 2004-06-22 22:24

確かに。まぁ、IWAの自転車に比べたらしょぼい自転車ですからね!

投稿: ritz | 2004-06-23 00:34

いろいろさん、こんばんは。けろ太と申します。

以前はTBいただきありがとうござました。

今日は氷取沢市民の森に行ってきました。とても緑が深く、ほんとうに「秘境」といった感じです(地元なんですけどね...)。

投稿: けろ太 | 2004-09-19 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円海山・大丸山周辺:

« 懐かしの板コレクション(その4) | トップページ | ニイニイゼミ初鳴き »