« ニイニイゼミ初鳴き | トップページ | 三浦半島めぐり(その2) »

2004-06-26

三浦半島めぐり(その1)

このところ平日は梅雨とは思えないいい天気だったのですが、どうもこの週末は梅雨らしい予報。でも、なんとか土曜日は持ちこたえそうだったので、近場の三浦半島めぐりに行ってきました。またもや寝坊して午後1時の出発になってしまいましたが、近場なので雨に降られる前には帰ってこられそうです。

自転車で15分も走ると海に出られ、そこからはしばらく海岸線を行きます。しかし、今日は強烈な向かい風でかなりブルー。冬の稜線歩きもそうですが、向かい風って気力も体力を消耗するんですよねぇ。しかし、こういう天気はウィンドサーフィンにとっては絶好のコンディションらしく、かなりの人出でした。
で、ちょっと海岸の駐車場を通りかかっただけですが、ウィンドサーフィンやっている人って、男女問わず結構年齢層高いですねー。やっぱり道具にお金がかかるからなのかなぁ。ここ最近のウィンタースポーツの高齢化現象と似てるかも…。

DSC00823_s
ちょっと見えにくいですが、ウィンドサーファーがうようよしています。

しばらく海岸沿いを走った後は、やや内陸に向けて登りになります。半島の突端は断崖絶壁で小高い台地になっているので、海沿いとはいえ結構アップダウンがあるんです。ここで何度か訪れたことのある剱埼(つるぎさき)灯台に行こうとしたのですが、道を間違えて一度漁港におりてしまう失敗。うーん、また登り返さねば…。一番軽いギヤをせっせと漕いでやっと到着。

DSC00827_s
灯台への最後の石畳

DSC00828_s
剱埼灯台

この灯台は1871年(明治4年)に設置されたそうで、かなり歴史があるようです。東京湾の入り口でもあり、対岸の千葉県の洲埼灯台と協力して東京湾を出入りする船の重要な航路標識となっているそうです。で、いかにもな断崖絶壁に建っているので、どこかの2時間サスペンスドラマのラストシーンで使われていました。

DSC00829_s
犯人逮捕の絶好のロケーション

(つづく)

|

« ニイニイゼミ初鳴き | トップページ | 三浦半島めぐり(その2) »

自転車(ツアー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島めぐり(その1):

« ニイニイゼミ初鳴き | トップページ | 三浦半島めぐり(その2) »