« イヤースコープ | トップページ | オオカマキリの幼虫 »

2004-07-28

7/24-25 三浦貯水池の旅

いつもの仲間で三浦(みうれ)貯水池へMTBツーリングに行ってきました。詳しい旅の様子はここここで報告されているので、違った視点で書きます。今回の旅の目的は3つあります。

 1. MTBでダートを走ること
 2. 釣った魚を食べること(IWAの場合はビール)
 3. 木曽森林鉄道跡探検

ベースは滝越という山深い集落になります。ここまでは細い道とはいえ、舗装道なので問題なくアクセスできます。でもいまどきめずらしく携帯が圏外なんですねぇ。まだこんな場所が残っていたのかという感じです。ここは本当に小さな集落で、のんびりした空気が漂っています。

滝越からはダート林道を登ります。このあたりは過去に木曽森林鉄道が走っていた地域であり、今も林業が盛んなので、ダート林道は充実しています。そのため、今回訪れたエリアではセルフディスカバリー・クロスマウンテンバイク100kmなるレースが開催されるようです。

まぁ、とにかく背中のザックが重いので前には進みませんね。遅いながらも自転車を降りずに登るようにしましたが、正直もっと荷物を減らせばよかったと後悔しました。

DSC00879_s
がんばれー

DSC00883_s
木々を抜けてくる風は心地よかった

登りがきついところは1.5km、平坦は3kmというように休憩ポイントを設定してなんとかこなしました。前半は急登ばかりで暗くなる前に着けるか不安でしたが、後半は下りが多くなり日没前に到着。テント設営の後、早速川に釣りに行きました。まわりが真っ暗になるまでのほんの30分ほどでしたが、イワナ一匹、ウグイ一匹の釣果でした。イワナは炭火で焼きたいところですが、バーナーの強火しかなく塩茹でにしていただきました。おいしいー。

DSC00903_s
18cmぐらい。本来ならリリースサイズですが...お腹がすいていたので...。

DSC00904_s
夕立の中での乾杯(こころなしかみんな元気が無いような...)

翌日は前日の厳しさからルート変更となり、三浦貯水池湖畔を走る木曽森林鉄道跡を行くことになりました。今回のキャンプ地周辺にもかつて鉄道が走っていたかと思うと、廃線マニアじゃなくてもとても不思議な気持ちになります。三浦ダムに出るまでの数キロは深い藪に覆われていましたが、確かにつながっていました。
家に戻っていろいろ調べているうちに、あの周辺の歴史をもっと知りたくなり、『思い出の木曽森林鉄道―山の暮らしを支えた60年』という本を買ってしまいました。

自転車・釣り・探検と三拍子そろった楽しい旅でした。木曽界隈はまだまだ楽しめそうです。

DSC00896_s
朽ちた橋脚

DSC00924_s
切り通し(きれいに石積みされています)

DSC00939_s
橋とそれに続くトンネル

DSC00942_s
トンネルの中も落盤していたりします

DSC00925_s
側はすぐ崖なので気をつけてね...

DSC00930_s
『この先繋がってるのかなぁ』

DSC00961_s
希望の光(最後のトンネル)

DSC00970_s
こうやって飛ばしていると...

DSC00975_s
こういうことになります

|

« イヤースコープ | トップページ | オオカマキリの幼虫 »

自転車(ツアー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/24-25 三浦貯水池の旅:

» MTBツーリング(森林鉄道廃線跡編) [興味本位]
今シーズンから僕の遊び道具に加わったフルサスMTBで、さしたるダート走行練習も [続きを読む]

受信: 2004-07-28 09:10

» 林道ツーリング(後編07/25) [POWDER]
そうして翌朝。何とか雨は降っていません。 私はラーメン作りました。(マルタイ棒 [続きを読む]

受信: 2004-07-28 10:49

« イヤースコープ | トップページ | オオカマキリの幼虫 »