« ゴマダラカミキリ | トップページ | TDF第13ステージ »

2004-07-15

自転車用HIDヘッドライト

やはり夜に自転車に乗るのは怖いですよね~。特に車に自分の存在を知らせるという意味でもライトは必須なのですが、なかなか明るいものが無い。最近では強力なLEDライトもあるようですが、登山用のヘッドライトでも経験済みで、LEDの明るさって意外と頼りない。電池が持つのはいいんですけどね。そんなことでいろいろ探していると自転車用にもHID(High Intensity Discharge:高輝度放電灯)があることを知りました。HIDって車で妙に明るく白い光を出すあれです。

現在のところ、CATEYE(HL-M310)TOPEAK(ムーンシャインHID)から出ているようです。その明るさは凄まじく、バイクか?と思うほどらしいです。ちなみにムーンシャインHIDの明るさは13000キャンドルパワー。1キャンドルパワーがその名の通りローソク一本分の明るさらしいので13000本分の明るさ!って分かるか!自動車のハイビームが4万程度らしいので、それの1/3ってそれも分かりにくいか...。まぁとにかく明るいってことです。

mh310main.jpg
CATEYEのHL-M310

lpf030.jpg
TOPEAKのムーンシャインHID

で、上にあげた2つの商品のスペックはだいたい似たようなものですが、大きな違いはバッテリー。両方とも充電式ですが、ムーンシャインHIDはリチウムイオンでHL-M310はニッケル水素です。重量エネルギー密度の高いリチウムイオンの方が小さくでき、実際ムーンシャインHID(370g)<HL-M310(1.3kg)となっています。ううむ。

これさえあれば暗い夜道も照明の無いトンネルも心強いですね。問題は価格ですが...。

|

« ゴマダラカミキリ | トップページ | TDF第13ステージ »

自転車(ギア)」カテゴリの記事

コメント

私も,このたぐいのアイテムを購入しようと思いましたが・・・やはり値段が・・・それに重さも結構あるのでパスしました。

投稿: 謎コン | 2004-07-25 19:02

>謎コン
TOPEAKのなら300gそこそこだよ!48時間耐久ツーリングには必須アイテムじゃないかな?もちろん予備の電池もね。
買っちゃえ!買っちゃえ!

投稿: ritz | 2004-07-27 13:37

こんばんは。
小生も猫目のHID灯を使用してました。
HIDは一時期「放電灯」の名で呼ばれていた事があり、自転車用の放電灯を自作しようと考えていた矢先の製品化でした。当時は高校3年生で、5万という価格はかなり厳しいものでしたが、雑誌でみた光量に感動し、お年玉で購入しました。いやいや、買って良かった。素晴らしい明るさで、大学の合宿や地元のナイトランで大活躍でした。あれは購入した者にしか分からないでしょうね。あまりの明るさに交差点では車のほうが止まってくれるし、合宿中のキャンプ場でHIDを使って山中の落し物捜索に協力し小生がHID照射にて発見、金一封を受領なんて事もありました。あれから10年近く経ちましたが、今でも往時と遜色なく点灯可能です。高い買い物ではないと思います。

投稿: namahamunitarahamuda | 2009-11-24 21:15

>namahamunitarahamuda さん

この後、TOPEAKのムーンシャインHIDを買って愛用していました。バルブを1回交換し、バッテリーも大容量のものに1回交換。確かに威力は絶大ですね。どんなにLEDが明るくなってきたとはいえ、照射範囲の広さや明るさはかないません。
が、最近毎日使わなくなって、バッテリーの劣化が気になるようになりました。専用バッテリーは1万以上しますし、他の用途に転用できないので使い勝手がイマイチです。そんなわけで、単3エネループが使えるLEDライトも良いかなと思い始めてます。

投稿: ritz | 2009-11-29 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/970041

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車用HIDヘッドライト:

» ディスチャージヘッドランプ(HID)なるものを最近知った。 [車情報@web カーコミュニケーション]
名前ぐらいは知っていたけどディスチャージヘッドランプ(HID)なるものの効果を最近知った。キセノンガスによる放電で通常の2倍から3倍明るいそうだ。 ディスチャ... [続きを読む]

受信: 2004-09-28 21:17

« ゴマダラカミキリ | トップページ | TDF第13ステージ »