« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »

2004-09-18

11月より高速道路夜間割引30%

asahi.comによると、今年11月から高速道路料金の夜間割引が開始されるようです。午前0時から4時に高速道路を利用した場合、一律に30%割引になるとか。ただしETC利用者に限りますが。

以前は夜間長距離割引というのがありましたが、ほとんど縁はありませんでした。今回は全区間ということで恩恵を受けられそうですね。50,000円の前払い制度と併用すれば、41.2%引きが実現します。

今は下道派ですが、かなりうれしい内容。ちょうどETC車載機もゲットしたところだし、いいタイミングですね。欲をいえば50%ぐらいいってほしかったですが...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-09-11

ショウリョウバッタ(茶)

これはなかなかめずらしい茶色いショウリョウ君です。自分の色を知ってか、緑まぶしい芝生の中にある石のベンチに張り付いていました。よ〜く羽根の模様を見ると近くの植木の枯葉にそっくり!やるなぁ!p505i0009568495.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-09-10

広角デジカメ

山に出かけるときは大抵デジカメを持っていくのですが、現場ではあれほど雄大に見えた景色も、デジカメで切り取って持って帰るとなんともあじけない。まぁ、構図などの撮影テクニックの問題という話もありますが、どうも自分で見た時の感動とは程遠いんですよねぇ。

で、いろいろ調べているとどうもカメラの方にも問題があるようです。最近のデジカメは軽薄短小を極める一方、商品特徴の訴求のしやすさからズームの高倍率化が進んでいます。そのあおりで広角側が38mmから始まる機種も多く、奥行きのある映像を撮りにくいとか。

僕も倍率は高い方がいいと思っていたクチなので、何でワイドコンバージョンレンズ(倍率を下げる)なんてあるんだろうと思っていました。それが、広角(一般的には35mm以下)で撮ると手前の景色も遠くの景色も一つの写真に納まるようになり、特に山の景色なんかにはうってつけだそうです。

早速世の中に出回っている広角コンパクトデジカメを調査しました。まだあるとは思いますが、主力どころということで。

Canon
キャノン独特の鮮やかな画質はいいですねぇ。
Powershot S60(28mm-85mm)
Powershot S70(28mm-85mm,700万画素!)

RICOH
広角にこだわりがあるようで、多くの機種を出しています。
Caplio GX(28mm-85mm,500万画素,専用ワイコンで22mm)
Caplio R1(28mm-135mm,かなりコンパクト!)
Caplio 400Gwide(28mm-,完全防水・防塵・耐衝撃,専用ワイコンで22mm,でかい!)

400Gwideなんてかなりいい線いってますが、携帯性がねぇ(350g)。
これから年末にかけておもしろい製品が出てこないかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004-09-09

コカマキリ

自動販売機横のゴミ箱にて発見。かなりすばしっこく、すぐ飛ぶので写真撮るのが大変でした。やっと目線がもらえました。
こいつはどこにでもいますが、薄緑バージョンとも言えるウスバカマキリ(別種)はレア物です。
p505i0009437320.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-09-03

ロシア人の苗字

前から気にはなっていたのですが、ロシア人またはロシア系の人の苗字って~ワ(バ)とか~フで終わることが多いですよね。で、そういえば~ワは女性ばかりだし、~フは男性ばかりだなぁと。苗字なのに何で?と思っていました。調べてみると何のことはない、苗字といえども女性名詞の語尾に変化するそうです。ロシア人の名前は、

名・父称・苗字

で構成されていて、父称は父親の名から派生してできた呼び名らしい。このうち父称と苗字は男女で呼び方が異なるようです。

確かに『テレシコワ』といういかついロシア人男性(砲丸投げ希望)がいたら嫌だな...。

ロシア人の名前の歴史
スラブ系の名前(Wikipedia)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-09-02

ショウリョウバッタ

日本最大のバッタです。ショウリョウとはお盆(精霊祭)のことで、このバッタをお盆の頃から見かけるためだそうです。確にそうかも。
昔はカマキリの大物の餌として重宝してましたね〜。元気に跳んでいきました。
p505i0009371890.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »