« コカマキリ | トップページ | ショウリョウバッタ(茶) »

2004-09-10

広角デジカメ

山に出かけるときは大抵デジカメを持っていくのですが、現場ではあれほど雄大に見えた景色も、デジカメで切り取って持って帰るとなんともあじけない。まぁ、構図などの撮影テクニックの問題という話もありますが、どうも自分で見た時の感動とは程遠いんですよねぇ。

で、いろいろ調べているとどうもカメラの方にも問題があるようです。最近のデジカメは軽薄短小を極める一方、商品特徴の訴求のしやすさからズームの高倍率化が進んでいます。そのあおりで広角側が38mmから始まる機種も多く、奥行きのある映像を撮りにくいとか。

僕も倍率は高い方がいいと思っていたクチなので、何でワイドコンバージョンレンズ(倍率を下げる)なんてあるんだろうと思っていました。それが、広角(一般的には35mm以下)で撮ると手前の景色も遠くの景色も一つの写真に納まるようになり、特に山の景色なんかにはうってつけだそうです。

早速世の中に出回っている広角コンパクトデジカメを調査しました。まだあるとは思いますが、主力どころということで。

Canon
キャノン独特の鮮やかな画質はいいですねぇ。
Powershot S60(28mm-85mm)
Powershot S70(28mm-85mm,700万画素!)

RICOH
広角にこだわりがあるようで、多くの機種を出しています。
Caplio GX(28mm-85mm,500万画素,専用ワイコンで22mm)
Caplio R1(28mm-135mm,かなりコンパクト!)
Caplio 400Gwide(28mm-,完全防水・防塵・耐衝撃,専用ワイコンで22mm,でかい!)

400Gwideなんてかなりいい線いってますが、携帯性がねぇ(350g)。
これから年末にかけておもしろい製品が出てこないかなー。

|

« コカマキリ | トップページ | ショウリョウバッタ(茶) »

その他」カテゴリの記事

コメント

ritzさん、こんばんは。けろ太です。

広角で撮る風景はすごい迫力ですね。ぼくも12-24あたりの超広角ズームが欲しいなぁと思っています。

でも、デジカメとフィルムカメラの表記が混乱していて、35mm換算で焦点距離が表示されておらず、広角レンズはデジカメでは実は標準レンズになってしまうという罠も多くありますね。

でも、デジカメもコンパクトになると、マクロ、接近撮影に強いのには感動しました。ぼくのFinePix F420(FujiFilm)は5センチぐらいまで寄ることができます。

この一週間で、瀬上市民の森と横浜自然観察の森に行きました。

最近はいかがお過ごしですか?お時間ができたら、また楽しい記事を読ませてくださいね。

投稿: けろ太 | 2004-10-25 00:51

けろ太さん

コメントありがとうございます。実は引越ししまして、やっと落ち着いてきたところです。今は『氷取沢市民の森』を毎日の通勤ルートに入れています。
忙しい朝なので、のんびりというわけにはいきませんが、やはり森の中を走るのは気持ちがいいですね。

投稿: ritz | 2004-11-15 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広角デジカメ:

« コカマキリ | トップページ | ショウリョウバッタ(茶) »