« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004-12-31

12/27~北海道上陸(ラクロア雑感)

12/26より北海道に来ました。詳細なレポートはIWAのブログに譲りますが、ニセコ・羊蹄山とよかった!

念願のラクロアも試してきました。いやー、いままでのファットスキーの常識(長い・寸胴・柔らかい)を覆す板ですね。もしかしたら、今後の主流はこういう板なのかも?

予想に反してとにかくオールラウンド性の高い板です。唯一、緩斜面のパウダーで滑走性が悪いと感じましたが、板(ノーチューン)のケバだちのせいかも。

ツリーを攻めたい、急斜面オープンで遠心力を感じながらビッグなターンを描きたい、荒らされたパウダーに負けたくないあなた、これは革命ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004-12-25

バーゲン品

苗プリ内のブラックダイアモンドでマウンテンハードウェアのシェルジャケットをゲット。78%オフで思わず衝動買い!基本的に春用っぽいですが、重ね着次第で真冬でも行けそうです。この時期は昨シーズン落ちが狙い目?他の店でインナーも激安でした。

p506ic0003211557.jpg
GORETEX PacLiteという素材らしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-24

12/24 かぐら田代(やっとシアワセ)

今日は初ドラゴンドラでかぐら田代へ。新雪が20cmぐらい積もり、標高も高いので軽いパウダーでした!
脛〜膝ぐらいでしたが、粉に飢えている身には十分な量。エリアが広いので夕方まで楽しめました。やっとシーズンインかな!?

p506ic0003080483.jpg
ふわふわの感触がたまりません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-23

ボケてました

アルペンって昨日でした...。結果ってどうだったんだろう?

さて苗場のナイターですが、雪も締まって軽く、気持よくカービングできる幅も確保されていたので、なかなか楽しめました。ラインコブもあったし。

p506ic0003014946.jpg
ゲレンデ内のイルミネーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/23 苗場

まだまだ雪が少ないですねぇ。今日はかなり冷え込んで雪もちらついています。ゲレンデは一応白いですが、一部のみ滑走可です。今日はナイターを滑る予定。

でも今晩はアルペンWC回転が生放送であるのでそれも見たいナァ。

p506ic0002752798.jpg
一見どこでも滑られそうですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-16

Yahoo!天気情報の雨雪判別

今週も雪降らないなーと何気なくYahoo!天気情報を眺めていると、『雨雪判別』という情報がありました。雨雲レーダーみたいなもので、地図上に雨や雪の降っているエリアを表示しています。雨・雪の判別は以下の6段階に分けられています。

 ・強い雨
 ・弱い雨
 ・強い湿雪
 ・弱い湿雪
 ・強い乾雪
 ・弱い乾雪

これを見ると、どこで雪が降ってるかだけではなく、軽い雪かどうかというのもわかってしまいますね(あくまでも予報ですが)。パウダーを追い求める者にとってはありがたい話です。でも、あまりにも情報くれちゃうと、自分で予想・判断することをやめてしまって、面白味に欠けるかも?まぁ、実際はちょっとした場所の違いで雪質はがらりと変わると思うので参考程度だとは思いますが。

そういえば、最近のYahoo!の天気予報を見ると以前は"雪"だけだったのが"湿雪"という表示になっていたことを思い出しました。天気のデータはきっとどこかの会社(WNIかな?)から買ってるんだと思いますが、関係者にパウダー好きがいるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-12

12/12 鹿沢スノーエリア

やっと何とか本格的に滑ってきました。そこそこ長い距離・幅が滑れて、午後にはコブも楽しめるという鹿沢スノーエリアへ。ここは標高が高く、毎年早い時期から滑れるので重宝しています。しかも丸沼ほど混雑することもないのがいいですね。

ただ今日はどこかのSAJの指導員講習(?)か何かでゲレンデには人が多かったですね。幸い彼らはずっと緩斜面で基礎練習をしているようで、リフトは最大でも5分待ち程度。雪のコンディションはハード~アイスといった感じで、ところどころ慎重にエッジングしないとエッジが抜けそうなほどツルツルでした。

肝心のコブはお昼前には比較的柔らかいコースの端に出来始め、モーグラーの人たちも10人以上いてすくすく成長していました。今日はずっと整地用のプレート付板で滑っていたのですが、それでも対応できるぐらいのコブだったので、そんなにハードなラインではなかったと思います。

p505i0010748034.jpg
コースの端にできたライン

整地は硬い斜面で滑れたのでいい練習になりました。まだ完全ではないですが、去年の感覚を取り戻せていい感じで終われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004-12-11

早く滑りたい~(パウダーを...)

今週もなかなか降らないですねぇ。白馬もスキー場の上部は徐々に白くなっているようですが。というわけで今週は鹿沢へ行ってコブでも滑ってこようと思っています。雪も朝は固そうなので、NAXO改ももう少し試せるかな。

なんて思ってたら、早速パウダーをしかもラクロアで滑った方が!いいなぁ!うらやましい!インプレも参考になります。その中のオレスタイルさんの言葉。

『深雪の上を体を傾斜させながら、(アメンボのように)大回りするには最高の板だと思った。』

うんうんそれですそれ、僕がやりたいのは。結構曲がってくれるみたいなんで、ツリーランとかも楽しめそうですね。
それからMADE'Nも試されてますね。こちらは『ニセコの朝一チョッカリ競争用?』とのこと。こちらも魅力的だなぁ。ラクロアとは正反対のコンセプトですからねぇ。

実は今シーズンのパウダー板はどういうコンセプトにしようかなと考えたとき、ラクロア的な強烈カービング・短め・極太スタイルで行くか、サヌーク的な寸胴・長大・燕尾スタイルで行くか迷ってました。

やっぱり両方だよなぁ...
...
...
...
で、6月に仕込んでおいたブツが遅れに遅れて1月ごろ来そうです。元々ラクロアより早く(10月)入手予定だったんですが。はい、バカですね。そうですね。
db_R

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2004-12-05

NAXO改造計画(2)

NAXO改造計画(1)からのつづき

NAXOはたわみすぎるのが良くないという結論に達し、ストッパーが無いならを作ってやろうということで自作しました。最初は金具自体に接着剤やネジでストッパーを付けようかと思いましたが、強度が保てそうに無いので一文字にストッパーとなる木片をネジどめしたものを板に取り付けました(板に穴を開けるのは勇気が要りましたが...)。

RIMG0240
テール側から見たところ

RIMG0239
トップ側から見たところ(手前に見えている木の面がストッパーになります)

RIMG0243
ステムを下ろしたところ(これで後ろに動かなくなりました)

で、これを鹿島槍で試してきた感想ですが、以前のようなテールのズレズレ感はなくなりました。少し固めの斜面で強めにエッジングした場合もエッジが抜けてしまうようなことはなく、テール側も雪面に噛んでいる感じがします。かといって、NAXO独特のトゥーピース側の2軸機構は変わらず動作して板は適度にたわむので、操作感は以前と変わらず軽快です。(ただし、保証外の使い方なので要注意です。)

思ったよりも効果があったので、早速ラクロアの金具はNAXOにすることにして、またエッジが甘いようだったらこれの改良版でも付けようと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

NAXO改造計画(1)

昨日(12/4)は2週間ぶりの白馬。といっても滑れるスキー場が増えているわけでもなく、またもや鹿島槍へ。詳しくはここにレポートが載るでしょうから割愛。ちょっとコース幅が広がっているとはいえ、ただ滑るのじゃぁ面白くないので、前から気になっていたことを試してきました。

昨シーズンにデビューした山スキー用金具のNAXO。そのトゥーピースの独特なデザインによって歩行時の疲労低減と滑走時にスキーのたわみを犠牲にしないという特徴があるとされています。実際に使ってみて前者については正直よくわかりませんでしたが、後者は十分体感できました。今まで使っていたディアミールが足元をゴツゴツとした感じに固めて妙な高下駄感があるのに対して、NAXOはとてもスムーズ。まぁパウダーならどっちも大して変わらないんですが、ちょっと硬い斜面やゲレンデなんかではよくわかります。

で、昨シーズン途中からB3の金具をディアミール→NAXOに換えていたんですが、使っているうちに気になることが出てきました。それは妙にテールが流れるというか予期しないズレ方をするのです。ちょっと急な硬い斜面をトラバースするような場合は怖いくらいにズレてくれました。そのズレを無理に止めようとするとガッガッガッとエッジが噛む→ズレるを繰り返して、しまいには金具が開放してしまいました。

最初は金具の高さが高いからかなぁと思っていたのですが、ディアミールではそんなことはなかったので、NAXOの株は急降下。それ以外ではアルペン金具と同じようなフィーリングで滑れるのでおしいなぁと...。

それから、ずっと何でだろう?と疑問に思っていたのですが、先日ふと金具を眺めていて気がついたことがありました。ディアミールもNAXOもトゥーピースとヒールピースを繋いでいるステム(ブーツの裏に来る金属の棒)の終端が板の前後方向に対してフリーになっています(板のフレックスを生かすため)。ですがディアミールは板側に取り付けるステム受けにストッパーとなる突起がついていて、ステムの終端が数ミリ動くとそこで止まるようになっているのに対し、NAXOはストッパーが無く、完全にフリーです。おそらく板のたわみを最大限に生かすためだとは思うのですが、これが悪さをしてテールに掛かる力が逃げてるんじゃないかと目を付けました。

naxo
NAXOはテールへの力が逃げてしまう?(画面クリックで拡大)

ちょっと長くなったので2回に分けます。
つづき NAXO改造計画(2)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004-12-03

ラクロアきたー!

ついに我が家にやってきました。LACROIX LX POWDER!うーん、太い!もうこれはスキーとは呼べないかも(実際のところスクォール×2なのですが)。隣のB3もファットなはずなんだけどなぁ。これからはウェスト100mm以上をファットスキーと呼ぶことにします。

RIMG0237_R
165-108-140

ところでこの板、煽った感じではフレックスが硬めですね。ちょっと手ごわそうな予感がします。さて、金具は何を付けようかな?まぁ、ナクソーかディアミールだけど、ナクソーはたわみ過ぎ(?)でどうもテールがズレズレだし、ディアミールはトップからの突き上げがゴツゴツしてるからなぁ。悩みどころです。早く雪降らないかなー。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »