« 01/22-23 会津高原高畑 | トップページ | 01/30 コルチナ »

2005-01-31

01/29 S字シュート

久々のBC。天気情報を見ると、白馬は先週のドカ雪以来ほとんど雪が降っていません。IWAと合流するためにいつもの駐車場に向かうものの、路肩の雪は古くくたびれた春の雪のよう。天気がいいのがせめてもの救い...。やはり北斜面しかないよなぁということになり、先シーズンから気になっていた鵯峰のS字シュートを目指すことにしました。

DSC01090_R
白馬三山が美しい!

DSC01094_R
今日もラクロア

登りは雪がよく締まっていて歩きやすいのが泣かせます。きっと山を越えて北側に行けば雪は良くなると信じてひたすら登ります。遠くを眺めると小蓮華あたりの稜線は雪煙が上がって風が強そうなのに、こちらはほぼ無風。春を思わせる陽気で汗だく。山頂に到着して一服。雪の様子を見ると、深くはないもののやわらかい雪で一安心。地図と睨めっこしてS字シュートの入り口を探します。

DSC01097_R
あの尾根の向こうにS字シュートがあるはず...

まずはトラバース気味に入り口を目指します。ここの斜面も疎林になっていて、短いながらも楽しめます。チューンしたラクロアはスルスルと面白いように滑る滑る。

DSC01103_R
さぁ、S字シュートへ向けて

ようやくドロップポイントへ到着しました。先がうねって見えないものの、ここで間違いなさそう。初めての斜面、久々に緊張してきました。雪の状態はかなり良さそうです。

DSC01106_R
S字シュート入り口付近(藪を右から巻くように下っていく)

まずは慎重にスタート。最初の数ターンで藪を抜けると、一気に落ちるすばらしー斜面が広がっていました。途中で止まって写真を撮ろうかとも思っいましたが、沢の中だしターンを途切れさせたくなかったので一気に行っちゃいました。下に来るにつれて腿がパンパンになってきてつらかった~。最後はハーフパイプのような狭いU字谷になって終了。

DSC01116_RR
S字シュート全景

帰りはそのまま山の神に登り返して白馬乗鞍スキー場へ。この北斜面も妙に滑る不思議な雪(さらさらのコーンフレークを砕いたような乾いた感触の雪)でなかなか快適でした。そうそう、S字シュートの隣にバナナシュートもあるので、今度はそちらにチャレンジしてみようと思っています。


|

« 01/22-23 会津高原高畑 | トップページ | 01/30 コルチナ »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/2757025

この記事へのトラックバック一覧です: 01/29 S字シュート:

» 01/29鵯峰S字シュート [POWDER]
今日はritzと2人、鵯峰の裏側に行きます。 去年から気になっていたS字シュー [続きを読む]

受信: 2005-02-03 18:36

» [ski][powder][その他]裏ひよ [モーグルとカバとパウダーの日記]
id:teleskierさんとItoさん夫妻の4人で、前回ひよひよになってしまった裏ひよにリベンジ。 前日にうちの前で積雪5cm程度あったため、小谷なら2... [続きを読む]

受信: 2005-03-24 14:30

« 01/22-23 会津高原高畑 | トップページ | 01/30 コルチナ »