« 01/01 札幌国際 | トップページ | トドカレー »

2005-01-02

ラクロア(LX POWDER)総括

前回ラクロア雑感として書きましたが、やっとPCを使える環境になったので、少しまとめようと思います。

[滑走編]
整地(柔らかい雪):ほぼゲレンデ板(カービング)と同等に扱えます。最近の太板に慣れていれば、切りかえ時の違和感も少ないですし、思った通りにカービングできます。おそらくエッジチューン(ビベル角など)をちゃんとすれば、さらに切れ込む感じは得られると思います。あんまりギンギンにエッジを立てると減速しちゃいますが。

整地(硬い雪):今回はバリバリのアイスバーンには遭遇していませんが、『それなりに』滑れます。B3+NAXOのような妙なズレ感はないですね(NAXOとの相性はいいみたい)。ファットという意識はあまり必要なく滑れちゃいますね。175cmという短い長さやRの小ささも功を奏しているかもしれません。

不整地(コブ):新雪の下がコブだったという状況でしたが、若干コブからの突き上げが強い感じはしますね。あまり好んで滑ろうとは思わないかな。

荒らされたパウダー:従来の柔らか系ファットスキーではどうも苦手な分野です。しかし、この板にとってはあまり問題にはならないようです。適度なフレックスの硬さが難なく道を切り開いていきます。こういう斜面はそれなりにディープパウダーだったりするので、ここが楽しめるのは強いです。おそらく春先の悪雪でも強いでしょう。

パウダー(緩斜面):若干踵加重で行けばトップが突き刺さることもなく、普通のファット並に滑れました。今まで乗っていたのが185cmとか195cmという長い板だったので、175cmで同レベルというのは凄いかも。踵に乗ったとしても板が短いおかげで操作性が極端に難しくなるということもないです。ただ滑走面がケバだっていたせいか、あまり滑走性がよくない感じもしました。チューンすればまだまだ性能は引き出せそうです。

パウダー(急斜面・ツリー):緩斜面の時よりもあまり踵加重を意識せずに行けますね。板の短さとRの小ささのおかげでほんとによく回ります。浮力は十分あるので減速することなくどんどんターンを繋げていけるのは快感です。木や起伏が多い方が逆に楽しいぐらいでした。

パウダー(急斜面・オープン):これはまず直ッカリでスピードを上げてからの大半径ターンが最高に楽しいです。板の雪面から受ける浮力とターン中の外Gを感じながら落ちていくのは快感ですねぇ。下手をすると雪面からの浮力で吹っ飛ばされそうになりますが、これがターン切りかえのタイミングにドンピシャくると、それはもう最高です。僕のような素人レベルのスピードでも体感できるようになったのは、やっぱり用具のおかげかなぁと思っています。

[ハイク編]
歩行・登坂:板は意外と軽く感じました。幅はあるのですが、特にガニ股にすることなく普通に歩けます。シールは130mmのを使っていますので、登坂能力は十分です。難点はシールのトップのループを自作しなくちゃいけないことぐらいかな?

ラッセル:よく浮いてくれます。ただ直登中にトップが浮きすぎて実際の斜度よりもきつく感じることがありましたね。

キックターン:もともとあまり得意ではないのですが、板が短い分やりやすいです。

[まとめ]
オープンバーンに気持ちよくビッグなターンを描くには長い板・ハイスピード・ハイテクニックがほぼ必須条件で、しかも同じ板ではツリーとの両立が難しいといわれていますが、この板に限っては当てはまりそうにありません。かつてハイレベルな一部の人たちだけのものだったカービングターンを、カービングスキーが一般スキーヤーに広めていったように、ファットスキーにも同じ波が来るような気がしてます(ちょっとおおげさですが)。

これからの主流は長さは短く(~180cm)、Rはきつく(~20m)、センターは太く(100mm~)、フレックスも柔らかすぎないという傾向にいくんじゃないでしょうか。短くはするけれど、全体の幅はよりワイドにして浮力は犠牲にしない。やっぱりRがあるほうがターンしやすいし、トータルのバランスを考えたらフレックスもまぁ標準範囲におさまる。

今のところベタ褒めですが、これから使い込んでいってまたレポートします。はやく白乗の大斜面で使ってみたいですねー。

|

« 01/01 札幌国際 | トップページ | トドカレー »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラクロア(LX POWDER)総括:

» 続 LX-Powder [オレスタイルブログ]
Lacroix LX-Powderの続報。 前回「Made'nとかSanoukとか極太な連中と比べたら走らない」と感想を書いたが、改めて乗っていると印... [続きを読む]

受信: 2005-01-06 02:06

» [ski][powder]今後のファットスキーの方向性 [モーグルとカバとパウダーの日記]
ファットスキーのインプレを読んでいて、ちょっと面白いな、と思ったことがありました。 今年の注目のファットスキーに、フォルクルのサヌーク(SANOUK)とラク... [続きを読む]

受信: 2005-01-06 17:57

« 01/01 札幌国際 | トップページ | トドカレー »