« 03/05 三段山 | トップページ | 03/07 ルスツ »

2005-03-18

03/06 富良野岳

またまた来ちゃいました。一昨日の2匹目のドジョウはいないとわかっていても...。今日は夕方にスズキさんが千歳から帰るので、朝一速攻で出かけます。日の出とほぼ同時刻の午前6時出発。あたりはもう十分に明るいので、ヘッデンは必要なし。またまた夜に降った雪で昨日のトレース上を軽いラッセルです。気になるのは少し風があること。

DSC01599_R
上部は雲の中

DSC01602_R
樹林帯はまだよかったが...

DSC01603_R
稜線はかなり硬め

樹林帯を過ぎると案の定風が強くなり、時々耐風姿勢をとらないといけない感じです。稜線の雪は硬く、頂上直下のやや急なところはシールではつらかったですね~。天気予報では午後に向けて回復傾向だったので、暴風雪の頂上で待機することに(スズキさんはすぐ下りたかったみたいですけど...)。あまりに寒いので雪穴を掘ってツェルトを被って1時間待ちました...。

DSC01604_R
寒いよ~

待っている間もどんどん雪に埋もれていきます。どうにも天候が回復しそうにないので、視界が確保できるところまで少しずつ降りることに。上部は風成雪で締まった感じのパウダー(少なくとも本州では)。あー、やっぱハズレだったなーと諦めかけていたのですが、北の大地の神は温かかったのでした。視界が利くようになり、樹木が出てくるころには...『何か深くない?』『深いよねぇ?』『深い!』『すげぇ!』

DSC01612_R
一昨日も深かったベベルイ川沿いが、さらに深くなってる!

最後の最後まで楽しませてくれた懐の深き北の大地に感謝!こうして旭岳・十勝連峰パウダートリップは大満足のうちに終了したのでした。

|

« 03/05 三段山 | トップページ | 03/07 ルスツ »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/3281896

この記事へのトラックバック一覧です: 03/06 富良野岳:

« 03/05 三段山 | トップページ | 03/07 ルスツ »