« 03/04 雪上BBQ@湯の丸 | トップページ | 03/18 白乗周遊 »

2006-03-12

03/11 黒負山

IMGA0001_R

ボウルを求めて超ロングツアーです。

遠かったですね。距離にして19キロ、累積標高差2500m超。長く苦しいハイクの後に待っていたのは、日本離れした景観を持つ広大なボウルでした。ややウェット目のザラメ雪を気持ちよく滑ることができました。詳しいレポートはIWAが報告してくれるでしょう。

今回は厳しいことはわかっていたので、バテ防止に果糖がいいと聞きドライフルーツ(プルーン)を行動食として持参。個人的にはドライフルーツ系は苦手なのですが、背に腹はかえられぬということで...。その効果があってか、終盤まで粘ることができました。最後のほうはおいしく感じられたりして。まぁ、最後の最後は水が切れてバテましたが...。プラティパスだけじゃなく、雪を入れて溶かしておくボトルも必要かなぁ。

IMGA0010_R
ボウル全景はデジカメの画角に入らず...

ムービー Rider:IWA(WMV形式,3.5MB)

ムービー Rider:IWA(WMV形式,1.5MB)

【TLT+Mega Ride追加インプレ】
本格的なツアーでの使用感を。やはり軽量化による恩恵は顕著でした。さすがに最後はバテましたが、足元が重たいということは感じませんでした。ハイシーズン用FATにもつけようかなと本気で考えています。

○よい点
・登り
クライムサポートは3段階式で登坂能力はディアミールと遜色なしです。

・トラバース
前回のインプレで不安要素に挙げていたのですが、実際に使って不安感はなくなりました。ウォークモードでしっかりロックをかけていれば硬い斜面のトラバースも問題ないです。

・滑り
やはりすばらしい。特に悪雪などでシビアなエッジコントロールが必要な状況では違いが歴然です。長距離を滑っても足にこない気がしました。また、一度大ゴケしたときは開放機構がしっかり作動しました。

△イマイチな点
・板を脱がずにスキーモードからウォークモードへ切り替えられないのは不便。急斜面でこれをやるのはちょっと苦労します。まぁ、大体の場合ウォークモードへ切り替えはシールをつけるタイミングなので問題ないのですが、シールをつけるまでもないけど、ちょっと踵を上げたいという時に苦労します。

・トゥピースのロック機構のバネの下に雪が詰まると、ウォークモードのロックがやりにくくなります。雪を掻き出すピックのようなものを持っていたほうがいいかもしれません。

|

« 03/04 雪上BBQ@湯の丸 | トップページ | 03/18 白乗周遊 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/9056545

この記事へのトラックバック一覧です: 03/11 黒負山:

» 03/11黒負山 [POWDER]
超絶ロングツアーをやって来ました。 [続きを読む]

受信: 2006-03-13 19:41

« 03/04 雪上BBQ@湯の丸 | トップページ | 03/18 白乗周遊 »