« 03/18 白乗周遊 | トップページ | ウロコ板自作シリーズ(2) »

2006-03-19

ウロコ板自作シリーズ(1)

idone

最近、ウロコ板が欲しいなぁと思っています。

滑り系の山行も大好きなのですが、旅系の要素も捨てられません。その旅系の究極の形といえば、ウロコ板での徘徊と言えるのではないでしょうか。滑りを求めなければ、そこら辺の里山でも十分楽しめるはず。でもそのためには専用の板が必要なのがネックでした。そんなに気合入れて使うわけでもないので...。

で、いい案を思いつきました。実は一応テレマーク用具を持っているのですが、結局1回しか使ってません。滑り系テレの憧れもあるのですが、やっぱテレの原点は移動手段だろということで、里山徘徊と割り切ってウロコテレ板化を敢行することにしました。板はヘタリきった中古アルペン板なので、惜しくはありません。

ウロコテレなのにブーツは滑り系T2という中途半端なスペックにはこの際目をつぶります。

さて、問題はどうやってウロコをつけるかですが、まず思い浮かぶのは彫刻刀。しかしこれは気の遠くなる作業だし、均一なウロコはむずかしい...。他にも鈍器で殴るとか、下ろし金でとか考えましたがいずれもイマイチ。

と、ネットで検索してみると、やっぱりいるんですねぇ。この方はディスクサンダー(グラインダー)を使われているようです。これは早いし確実ですね!ホームセンターで2000円以下の安物でもできるならいいかも。

(つづく)

|

« 03/18 白乗周遊 | トップページ | ウロコ板自作シリーズ(2) »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウロコ板自作シリーズ(1):

» うろこ板 [さる知恵]
山スキーをやっていて難儀するものの一つにシールを剥がしたり貼ったりする行為。なんとかこれを横着する術はないものだろうか? [続きを読む]

受信: 2007-01-14 13:35

« 03/18 白乗周遊 | トップページ | ウロコ板自作シリーズ(2) »