« 新雪情報 2007年1月19日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月23日 21時 »

2007-01-22

01/20 船越~金山沢

100_0170_r

70点ぐらいかな

最近藪ばかりです。行きたいところはいくつでもあるのですが、この少雪ではとても楽しめそうにありません。藪自体は山行のスパイスです。でもメインがあってこそのスパイス。スパイスだけではおいしくいただけません...。

今回も悩みました。朝現地に到着して山を見て、多少の雪質は犠牲にしてオープン斜面に行くことに決めました。行き先は船越~金山沢です。稜線からダイレクトに金山沢に下りたかったので、一番小蓮華寄りから滑ることにしました。

100_0169_r
自然園でひといき

自然園からはそこそこ深いラッセルとなり、まだ完全にシーズンインしていない体力の様子見にはちょうど良い感じです。

100_0172_r_2
さて稜線への登りあげです(クリックで拡大)

曇り時々晴れの予報どおり、ハイクアップ途中で雲が湧いてきて風が強まり、次第に白馬・杓子方面がガスって来た時には焦りました。船越でガスっては、まったく滑りは楽しめません。しかしそれも一時的なもので、程なく穏やかな天候になりました。稜線でも風に気を使うことなく準備できます。ただ足元はかなり硬く締まっていて、アイゼン必須です。

100_0177_r
アイゼンを準備して

稜線は日本海側の魅力的な山々を見ながらのハイクです。またまたいろいろなプランが頭に浮かんできました...。

100_0189_r
さて、ピットを掘っていよいよGO(悲しいほど雪は安定していました)

日が当たっているところはダメですね。幸い尾根沿いに日陰が続いていたので、そちらを滑ることにします。中々柔らかいところもあり、楽しめました。

ムービー Rider:IWA (WMA形式,1.37MB)

ムービー Rider:IWA (WMA形式,1.34MB)

斜度が落ちてからも、やや重ながら気持ちのいい斜面が続いていて、良さそうなところを繋いでいきます。柔らかいデブリに新雪が薄く積もった斜面は、妙に板が走って滑りやすく、不思議な感じでした。

100_0191_r
そこそこいいです

100_0196_r
こちらも

猿倉林道も疲れました。ロングツアーやるにはもう少し体力を取り戻せねば。

|

« 新雪情報 2007年1月19日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月23日 21時 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/13621794

この記事へのトラックバック一覧です: 01/20 船越~金山沢:

» 01/20金山沢 [POWDER]
オープン狙いで稜線まで。 [続きを読む]

受信: 2007-01-23 19:24

« 新雪情報 2007年1月19日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月23日 21時 »