« 新雪情報 2007年1月14日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月15日 21時 »

2007-01-15

BD Deviant

100_0048_r

BDのグローブDeviant(ディビエント)です

ハイクアップ時に使うグローブは重要です。余程の低温でない限りは汗をかくので薄手のほうがいいですし、かといって水濡れは嫌なので防水性が必要です。さらに欲を言えば、そのまま滑りに使える程度の防寒性、防風性は欲しい。さらにさらに欲を言えば、デジカメなどいじれるぐらい指先が使えるものが望ましい。と、言い出せばきりがありません。

今までは手にぴったりフィットするナイロン製のインナーグローブを使用して、滑る時にオーバーグローブを使うか、少し薄手のグローブ(BDのDry Tool)で通していました。Dry Toolはいい線いっているものの、手首の部分が長くきつめにできているので、グローブの着脱が面倒なのがいただけません。

そんなわけで、Dry Toolの延長線上でグローブを物色していたところ、よさそうなものを見つけました。それがDeviantです。最初お店で装着してみて、まずそのフィット感に惚れました。それから手首を2重のラップ(マジックテープ)で締める方式も使いやすそうでした。昨シーズンからあったモデルですが、サイズがなかったので改めて今シーズン入手しました。

100_0168_r
2重のラップシステムです

使用感ですが、まず晴天ではハイク・滑りとも問題ないです。風の強い稜線で待機する場合は少し寒いかもしれませんが、体を動かしている時には寒さは感じませんでした。元々Dry Toolより対応温度が高いので、こんなもんでしょう。細かい作業にもかなり使えます。デジカメもお昼も一通りできます。グローブをはめる時もラップを前回にしてまず手を突っ込んで、後から締めることができるので快適です。私は手首が細いので、シェルの袖口の上からも締めることができました。

雪が降る中では、やはり体を動かしているうちは大丈夫です。ただ、休んでいると徐々に冷えてくる感じがあります。直接水に触れているわけではないので、気化熱で体温を奪われるような急激な冷え方はしませんが。さらに雨のような場合はかなり冷たくなりました。防水性はあるのですが、それにも限界があるようです。

よっぽど特別な天気でない限り、はずれのないグローブです。どのみち厚手の予備グローブは持っていくので。まぁ普段の山行ではこれで通せてしまうのではないかと思います。

|

« 新雪情報 2007年1月14日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月15日 21時 »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/13491242

この記事へのトラックバック一覧です: BD Deviant:

« 新雪情報 2007年1月14日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月15日 21時 »