« 新雪情報 2007年1月18日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月19日 21時 »

2007-01-18

CYCHO188sw + TLT Vertical ST

100_0155_r

究極の1台となりうるのか?

今シーズンは新しい板を買いませんでした。手持ちのCYCHO 188swがとても気に入っていて、金具をTLTに交換することで究極の1台を作り上げる予定だったからです。

『粘り+張り=ねっぱり』

これが、CYCHO+TLTの特徴を表現する言葉だと思います。造語のつもりだったのですが、調べてみたら、北海道弁に粘るという意味で『ねっぱる』という言葉があるそうです。意味は多少違うかもしれませんが、語感としてはねっぱりというのが一番しっくりくる気がします。金具をディアミールからTLTに変えて、この板の本当のねっぱりを感じとることができたと思っています。

私は今まで『パウダーだったら金具は関係ないでしょ』と思っていたのですが、その意識は変わりつつあります。いくらパウダーといえども雪の抵抗はありますし(本州の雪ならなおさら)、そのおかげで滑りを楽しむことができると思うのです。粉雪の抵抗を板の心地よいたわみで受け止め、開放していく。スプレーが上がり板が加速していく。こんなターンが出来たとき、シアワセはやってきます。そのシアワセを享受するためには金具は重要だと...。

では、金具で何が違うのか。

代表的な金具について、旧B3でディアミール⇒ナクソー⇒TLT、CYCHOでディアミール⇒TLTと金具を乗り換えてきて感じたことを書いてみます。

ディアミールは足元が硬く、板が船底のような不連続なたわみ方をすると思います。昨シーズンのCYCHOのインプレで『トップからしなって曲がる』と書いていますが、これは板全体が綺麗にたわんでいるわけではなく、足元はたわまずにトップのみがたわむために感じたのではないかと考えています。

その点、板を綺麗にたわませるという意味ではナクソーが最も優れていると思います。しかしあまりにも自由にたわむため、フワフワして地に足がついていないようで落ち着かないのです。つまりねっぱりの『張り』が感じられず、雪面との一体感に欠けるのです。

さて本命のTLTでは板全体が綺麗な弧を描くようにたわみます。かといってしっかりとした足元の張りは感じられるのです。これがねっぱりと感じている部分です。CYCHO+TLTでは特にこの感覚が強く、小谷里山パウダーの中で心地よいたわみを感じた時はビビッときました。板を操っている感を満たしてくれます。

通常、板メーカーはアルペン金具でテストしているでしょうから、それに近いTLTの調子が良いというのは当たり前の話ですが、あらためて板と金具の相性の重要性を感じたのでした。ただし硬くて突き進むような板であったら、このような違いを感じなかったのかもしれません。たまたまB3、CYCHOにとってはTLTがベストチョイスであったということです。板によってはディアミールやナクソーの方がしっくり来る場合もあるでしょうね。個人の好みもありますし。

最後にTLT ComfortとVertical STの違いを...

100_0165_r
トゥーピースはロックレバーが大きくなり小さい力でロックしやすくなりました

100_0167_r
ヒールピースはクライムサポートの形状変更(操作性はあまり変わらないかも)

|

« 新雪情報 2007年1月18日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月19日 21時 »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

B-squad + Freeride X失敗かも。
硬くてたわみません。
アルペン金具付きの方はとっても具合いいのに。
これはsquadもTLTにするべきなのか・・・

投稿: IWA | 2007-01-18 21:23

>IWA

変えちゃいましょ!もう靴もあるんだから!

投稿: rirz | 2007-01-19 00:16

TLTビンディングを買いたいと思っている者です。

ディアミールからTLTに付け替えたときディアミールの穴と干渉は無かったでしょうか?
というのも今もっている板にはアルペンのビンディングがついてるもので。

穴が近いと強度に問題があるとか聞いたことがあるのですがどうなんでしょう?

よろしかったら教えてください

投稿: masa | 2009-03-18 17:36

>masaさん

はじめまして。
ディアミールからTLTにするときは大丈夫でした。穴の間隔ですが、板によって5mmぐらいでいいものや、1cmは必要なもの等あるようです。
また、ブーツのサイズや以前使っている金具によって干渉するかどうかは変わってくるので、現物を見るしかないようです。
ちなみに、他の板ではディアミール->ナクソー->TLTと変えましたが大丈夫でした。
干渉する場合は多少金具の位置をセットバックするとか、避ける方法はあるようです。

投稿: ritz | 2009-03-19 04:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CYCHO188sw + TLT Vertical ST:

» [ski]TLTネタ [照れ日記III]
ritzさんのエントリー見るとTLTの調子がなかなかよさそうです。 先日物欲の館でO1買ったときにTLTを見てたんですが、ブーツが中に浮いてるんですよね。これが上手い具合に板のたわみを生かしてるんでしょうか。ねじれ方向にはアルペン金具よりも強いというTLTの特徴も考える... [続きを読む]

受信: 2007-01-19 13:55

« 新雪情報 2007年1月18日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年1月19日 21時 »