« 新雪情報 2007年2月16日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年2月24日 21時 »

2007-02-16

02/12 飛騨沢

100_0292_r

過去最高の飛騨沢でした。

雪不足の冬ならば、それを逆手にとって奥へ行こうと思い立ちました。IWAに連絡すると思いの外すんなりOK、どうやら同じことを考えていたようです。また、天気も味方してくれました。前日の弱い冬型でそこそこ雪が積もり、当日は午後から晴れるという予報。

連休ということで密かにトレースがあるのを期待していたのですが、白出沢より先は無し。黙々とラッセルです。しかし、いつもの内陸極軽パウダーではなくやや重です。初めて飛騨沢に来た去年の3月下旬よりも暖かい気がします。

ムービー Russell:IWA (WMA形式,2.89MB)

100_0286_r
槍平を越えるとようやく軽い雪に変わっていきました

それにしても行程ははかどりません。でも焦ることはないのです。朝のうちは薄曇で雪が降っていて、それが少しずつ明るくなって来ています。僕らが飛騨沢を下りる頃、晴れてくれればいいのです。

100_0287_r
ようやく薄日も射しはじめ

100_0294_r
飛騨沢を臨むころには青空です

ムービー Russell:IWA (WMA形式,1.68MB)

どんどん青空が広がっていく飛騨沢を眺めていると、ソワソワというかワクワクというか心地よい緊張感が広がっていきます。しかしココからが長いのです。いつもの岩の下まで残り標高差400m。疲れてもいますし、先が見えているのになかなか近づきません。午後2時過ぎ、新穂高を出て9時間、ようやく2930m地点で終了です。

100_0296
飛騨沢全景をパノラマで(クリックで拡大)

下りはそれはそれはシアワセいっぱいでした。雪も良かったですし、滑りも満足いくものでした(CYCHO+TLTさいこー)。帰りの長い歩きも考えずに思いっきり楽しみました。

ムービー Rider:IWA (WMA形式,1.84MB)

槍平に戻った時には、まさにもぬけの殻。あとはシールをつけてトボトボと2時間。白出沢からの林道は凍りかけた高速トレースを辿り新穂高へ。

100_0303_r
お疲れ様でした

充実した一日でした。

|

« 新雪情報 2007年2月16日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年2月24日 21時 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

パノラマは広すぎて画面にはいりきれませんでした。
まさに世界はふたりのためにっですね。
9時間なんて想像を絶する世界ですが、まちがって「登ってみたい」なんて口をすべらしそうになりました。

投稿: 8 | 2007-02-18 12:08

>8さん

すみません、設定がイマイチでした。スクロールバーが出るようにしました。

もう少し雪が多くてトレースがあったりすると7時間ぐらいなのですが、それをアテにしたのは間違いでした...。

この沢を見てしまうと、登らざるをえなくなります。
槍平小屋で一泊するつもりならば、十分行ける距離ですのでぜひ一度!

投稿: rirz | 2007-02-18 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/13934745

この記事へのトラックバック一覧です: 02/12 飛騨沢:

» 02/12飛騨沢 [POWDER]
オープンバーンの保守本流です。 [続きを読む]

受信: 2007-02-17 07:52

» 飛騨沢 [YamaWiki (PukiWiki/TrackBack 0.4)]
1月 飛騨沢 2月 いろいろ: 02/12 飛騨沢 blog版 がおろ亭 : 飛騨沢から槍ヶ岳 3月 槍ヶ岳(飛騨沢)超重新雪滑降 新穂高から飛騨沢 POWDER: 03/27飛騨沢 4月 いろいろ: 04/09 飛騨沢(二匹目のドジョウ) 京都雪稜クラブ:2005年04月 槍ヶ岳飛騨沢(山スキー) ...... [続きを読む]

受信: 2008-03-06 21:18

« 新雪情報 2007年2月16日 21時 | トップページ | 新雪情報 2007年2月24日 21時 »