« 01/13 青木湖 | トップページ | 02/09 八千穂高原 »

2008-01-30

01/28 白尾山

100_1028_r

なかなかいいところでした

尾瀬戸倉スキー場の奥に白尾山という山があります。地図を見ると南西に延びる尾根が良さそうだったので行ってみました。朝6時、日の出前に尾瀬戸倉スキー場を出発。まずは林道歩きです。しばらくはスノーシューのトレースがありましたが、途中でUターンしています。どうも週末に山に入った人はいないようです。

100_1022_r
月夜です

100_1023_r
夜が明けてきました

ラッセルはそれ程深くはなく、足首ぐらいでしょうか。ここ数日の冷え込みで表面霜が成長しています。今日も放射冷却で寒さが厳しく、しびれる感じです。林道の斜度はほとんどなく、だらだらと続いています。何となく新穂高の林道を思い出しました(あれほど長くはないですが)。しばらくして九十九折れになったところで林道から離れて湿原(田代原?)を目指します。

100_1025_r
やっと日の出です

100_1041_r
田代原と白尾山

湿原を過ぎて沢を渡るとようやくメインスロープの取り付きです。ここまでで2時間ちょっと。ここからはゆるやかな尾根を登っていきます。少し登るとブナの大木とシラビソがまじる疎林になっていきます。適度なうねりもありメローな感じでいいですね。良さそうな斜面をチェックしながら登ります。

100_1029_r

100_1032_r

段々と斜度がきつくなり、疲労もだいぶ溜まってきたところで頂上です。とはいっても、本当の頂上は500mほど北東にあります。頂上からは燧ヶ岳が大きく望めます。今日は視界が効いて富士山も見えていました。近くに富士見峠があるというのも頷けます。

100_1034_r
燧ヶ岳

100_1036_r
頂上からのパノラマ 武尊山 至仏山 (クリックで拡大)

肝心の滑りのほうですが、深すぎず浅すぎず、とても板の走る気持ちのいい雪でした。さすが内陸乾燥雪です。朝早く出たのも良かったようです。沢の渡渉地点まで一気に滑りました。

100_1038_r
雪よし

あとはひたすら来た路を戻ります。さすがに田代原より下は雪が腐ってきています。林道も漕がなきゃいけないかなぁと思っていたのですが、ラッキーなことに雪上車のトラックがついていて楽々でした。昼前には戸倉スキー場を出て、自宅に午後3時。こういうスタイルもいいかも。

|

« 01/13 青木湖 | トップページ | 02/09 八千穂高原 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/17878594

この記事へのトラックバック一覧です: 01/28 白尾山:

« 01/13 青木湖 | トップページ | 02/09 八千穂高原 »