« 新雪情報移転のお知らせ | トップページ | 01/03 ブランシュたかやま »

2008-01-21

ATブーツのフレックス

Axon_rZzero4ctf_r
Method_rSkookum_r

ネットを徘徊していたところ、まさにドンピシャなフォーラムを見つけました。

TGRのTech Talkというフォーラムに"AT Boot Flex Comparative List by model "というスレッドがあり、ATブーツのフレックス番付を議論しています。おもしろいのは、メーカー公表のフレックスを並べたというわけではなく、各ユーザーとの議論の中で、格付けしている点です(一部未発売モデルは暫定的に公表値にしているみたいですが)。

リストの中からTLT対応ブーツを硬い順に拾っていくと、以下の通り。今使っているMegaRideは75。結構柔らかいですね。ダントツで硬いのがBlack Diamond(カタログ値ではありますが)。続いてDynafitのGarmontとScarpaの滑り系。

130 - Black Diamond Factor (?) ⇒TLT対応との噂

110 - Black Diamond Method (?)

90 - Dynafit Aero Freeride (4-buckle), Garmont Axon (?), Scarpa Skookum (?)

85 - Scarpa Spirit 4 (black tongue), Garmont Adrenaline, Dynafit Zzero CF 4-buckle

80 - Scarpa Spirit 4 (green tongue), Dynafit Zzero PX 4-buckle

75 - Scarpa Spirit 3, Garmont Megaride/G-Ride, Dynafit Aero Speed (3-buckle), Dyanfit Zzero CF 3-buckle

BDはブーツの構造(cuffの部分とか)がアルペンライクでいい感じです。ただ130はやっぱり硬すぎかなぁ...。それに重さもペアで4キロと、かなり重くなっています。硬さ・重さとフレックス、悩みどころですね。

|

« 新雪情報移転のお知らせ | トップページ | 01/03 ブランシュたかやま »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATブーツのフレックス:

« 新雪情報移転のお知らせ | トップページ | 01/03 ブランシュたかやま »