« 12/23 山ノ神方面 | トップページ | CYCHO剥離その後 »

2008-01-15

Garmont AXON

Axon

ついにTLTブーツにも滑り系の波が来たのか!?

久しぶりにGarmontのHPを覗いて見たら、何か強そうなブーツが載っていました。しかもつま先にはTLT対応を示す穴が!ついに、というか知らぬ間に待望の滑り系TLTブーツがリリースされていました。AXONというそうです。

今使っている同社のMegaRideも4バックルで滑り重視というモデルですが、カテゴリー的にはSki Mountaineering。パウダーでは不自由は感じないのですが、悪雪やクイックな操作が求められる場面で、やや頼りなさを感じていました。特に板がより長く太い場合、板と金具の剛性に対してブーツが負けてしまっているのかもしれません。

このAXON、同社のAdrenalinやEndorphinといったブーツをベースに開発されているようで、とにかく

"It is the stiffest, highest-performance Dynafit-compatible boot on the market, ..."

と鼻息も荒いです。カテゴリーとしてもFree Rideとなっています。

さて、来期からブーツを発売するBlack Diamondにも気になるモデルがあります。

Method

teleskierさんのブログで紹介されているサイトで知ったのですが、Methodというモデルは同社のATブーツでは2番目の硬さだとか。フレックスインデックスが110だそうです。このフレックスインデックスは普通のアルペンブーツにもよく登場する数値で、レース用上位機種だと130~150、一般エキスパートモデルで110~120、上級コンフォートモデルで100前後でしょうか。だとすると、まぁまぁの硬さですね。前出のAXONには表示はありませんでしたが、最も硬いと思われるShamanで120なので、やはり100~110あたりと想像されます。

そろそろ来るだろうとは思っていましたが...。TLTシステムが滑り系アイテムとして認知される日も近いか?

|

« 12/23 山ノ神方面 | トップページ | CYCHO剥離その後 »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

滑り系ブーツには現状興味は無いのですが、とりあえずTLTネタには反応しときます。

ブーツがハードになっていくと、TLT側にも更なる強度が求められる気がするのだけど、ブーツメーカーがこれらを出すということは、TLTバインディングの強度・剛性を認めているということですかね。

投稿: えむとら | 2008-01-17 00:18

どうなんだろうね?一応Vertical FTはフリーライドと謳ってるけど、格好をそれっぽくしただけのようにも見えるし。

トゥはサイドから挟み込むので、ねじれには強いように見えますが、ヒールは金属棒2本(しかも中心寄り)だからねぇ。

クリフとか飛ばなきゃ大丈夫じゃない?

投稿: ritz | 2008-01-17 08:56

TBありがとうございます。
FACTORもソール交換出来るようなのでTLTで使えるのかもしれませんね。
こちらはフレックスが130なので相当強そうですね。

投稿: teleskier | 2008-01-17 16:58

>teleskierさん

レーシングブーツ並みですね。確かにソールごと変えてアルペンとTLT両対応なら便利ですね。ソール交換の標準規格作って、どのブーツも対応してくれたら選択肢も広がりそうですね。

投稿: ritz | 2008-01-18 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Garmont AXON:

« 12/23 山ノ神方面 | トップページ | CYCHO剥離その後 »