« 02/23 奥裾花自然園 | トップページ | 何年ぶりかの開眼? »

2008-03-15

03/02 地蔵山

100_1145_r

桃源郷その2...

高妻・乙妻山の奥に地蔵山はあります。周辺の山からはすこし離れて位置しています。地図を眺めていて、その北斜面がなんとも良さげでこれまたワクワクしてきます。

アプローチは戸隠大橋からで、距離を除けばさほど大変ではなさそうです。問題は北斜面を滑ったあとです。一番簡単なのは頂上に登り返すことですが、ルートとして美しくないなぁと。それならいっそのこと小谷に抜けてしまおうと思いつきました。登り返しの標高差も少なくて済みますし、何より戸隠から小谷へ抜けるという"味"も加わるので。

朝4時半に出発して、遅くとも夕方5時には下山する予定でした。

100_1114_r
天気は上々、これなら先週のようなことはありません。

取り付きまでは3時間、ここから稜線に乗り上げ、尾根伝いに行きます。これが想像以上に時間がかかります。狭い尾根では、シールでは直登できない部分は巻かなくてはなりません。標高差の割りに平行移動も多く、セッピが発達している部分もあり、容易には進めません。

100_1121_r
振り返れば妙高

100_1123_r
黒姫の裏側も見えます

100_1126_r
乙妻北東斜面もきれいです

苦しみながらもようやく山頂に到着です。頂上からはすばらしい眺めです。ちょっとした独立峰になっているので、360度のパノラマがきれいに広がっています。もう少しゆっくりしてじっくり味わいたかったですね。これから向かう小谷の山々も思ったより遠くに見えました。

100_1131_r
妙高~乙妻のパノラマ(クリックで拡大)

100_1132_r
乙妻~焼山のパノラマ(クリックで拡大)

さて!お待ちかねの滑りです。雪質は約束されたようなものです。が、実は登る途中はその密林具合が気になっていたのです。冬の間はなかなか北斜面を正面から観察することはできないので、本当はどんな斜面になっているか不安でした。もしかして強烈な藪なんじゃないか...。

しかし、そんな心配は杞憂に終わりました。上部は適度な疎林そしてその下にはすばらしいオープン斜面が広がっていたのです。アクセントのように大木が点在し、どこまでも続いています。深い山の明るく開放的な斜面は、なかなか味わうことの出来ない雰囲気でした。

100_1138_r
よかったです!

ムービー Rider:IWA (2MB)

あとは、『ちょっと登って小谷へ下るだけ』が大分苦労しました。

100_1144_r
登り返し(ここら辺も雪は良さそうでした...)

100_1149_r
傾く日を追いかけながら登ります

100_1152_r
小谷の稜線から地蔵山と乙妻山

その後の写真はありません...。このルートで一番厳しい部分で日没になってしまったのが痛かったですね。奉納山までは偵察済みだったのですが、そこを越えたすぐ足元にナイフリッジがあったとは...。

あと1時間早く行動できていれば、日没までには下れたように思います。朝4時半出発では甘かったか...。GPS無しでは下れませんでしたね。それからヘッドライトは電池が新しくないとつらいです(カタログ見たら、新品電池から30分で照射距離が半減するんですね...要注意)。

念願の斜面・ルートを踏破できたのは良かったのですが、課題の残るツアーでした。でも、地蔵山の北斜面はよかったなぁ...。

|

« 02/23 奥裾花自然園 | トップページ | 何年ぶりかの開眼? »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

探検系で いい斜面 良い雪 に出会えると、
ことさらうれしいですよね。

それにしてもロングツアーwobbly
とてもじゃないけど、ご一緒できる日はきそうにありませんな。

投稿: えむとら | 2008-03-15 20:26

>えむとら

ども。最近は『定番コースの激パウ<探検コースの微パウ』ですね、何となく。
たまたまロングになっちゃってるけど、いいコースがあればご一緒しますよ。

投稿: rirz | 2008-03-18 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/40438221

この記事へのトラックバック一覧です: 03/02 地蔵山:

» 03/02地蔵山 [POWDER]
超絶ロングツアーでした。 [続きを読む]

受信: 2008-03-15 16:23

« 02/23 奥裾花自然園 | トップページ | 何年ぶりかの開眼? »