« 物欲沸々(その1) OptioW60 | トップページ | 物欲沸々(その3) Oregon300 »

2008-11-12

物欲沸々(その2) VX-8

Vx8_3

前回から間が開いてしまいましたが、お次は無線機。

バーテックススタンダードの新製品です。夏に発表され、ようやく最近発売されたようです。今は同社のVX-2を使っていますが、いろいろと不満もでてきていたところなので、注目の製品。

山で使う無線として重要なのは、

・水に強い
・小型軽量
・バッテリーで動く
・ラジオの感度

というところでしょうか。VX-2は小型軽量でいいのですが、防水でもなく、専用リチウムですし、ラジオの出来は寂しいものです。しかも一度上高地で川に落としてしまったことがあり、一応復活したのですが、それ以来受信感度が悪いような...。

それに対してVX-8は防水・単三電池駆動可・ラジオ専用回路&アンテナということで、かなりの部分クリアしています。小型軽量に関しては送信出力も高く、対応バンドも多いということでVX-2には劣りますが、前作のVX-7からはかなり薄型化されているようです(28.5mm→24.2mm)。山に行く時はCONTERRAを使用していて、VX-2は小さすぎてポケットから抜けてしまうぐらいでした。なので、ある程度薄ければ、VX-8ぐらいの大きさ・重さでもいいかなぁと思っています。

あと、気になる機能としてはBluetooth機能です。これを使えば、ヘッドセットと無線機をワイヤレスで接続できるので、行動中に衣類を着脱が多い山行では重宝しそうです。ここによると本体を腰の位置まで持っていくと音声が途切れるという報告もあります。まぁ、CONTERRAでは右胸にセットするので、近いから大丈夫かな?あとはヘッドセットの電源ですね。おそらく充電式になると思うので、それがちょっと面倒かと。

ちなみに、市販のBluetoothヘッドセットでも、ものによってはPTT操作(送受切り替え)がおこなえるものがあるようです。前出のブログでは、SONY の DRC-BT15というBluetoothユニットでPTT操作が可能なことを確認しておられます。

さて、どうするか。

|

« 物欲沸々(その1) OptioW60 | トップページ | 物欲沸々(その3) Oregon300 »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲沸々(その2) VX-8:

« 物欲沸々(その1) OptioW60 | トップページ | 物欲沸々(その3) Oregon300 »