« 090111 猿倉周辺 | トップページ | 090117 上州探訪 »

2009-01-14

090112 藪山探訪

Imgp0197_r

よく耐えた1日

またもや大して積もっておらず、ゲレンデ行ってもしょうがないので藪山探訪へ。明らかに雪不足。結果は見えていたような...。

Imgp0198_r

最初から当然のごとく急斜面と藪のお見舞い。まぁ何とか雪はある。最初予定していたコースが取れず、やや斜度のある尾根伝いになったのがつらい。南面は日当たりもよく、それだけ植物も元気に育つということで、なかなか手強い木々たちの連続。

Imgp0199_r

Imgp0200_r

Imgp0211_r

標高差は500mぐらいなのですが、↑のような藪に加えて、アップダウンを3回ほど繰り返します。低山ならでは。木々の合間を縫っていくしかありません。そういうところは大体、獣が通った跡があります。ご苦労様です。

Imgp0210_r

はい、頂上に到着。IWAさん笑顔です。

Imgp0212_r

さぁ、滑りましょう。シールをつけて。

Imgp0216_r

最後の標高差300mはシールをはずして豪快なダウンヒル...を目指してウロウロ。

Imgp0217_r

本日最大のオープンバーン。

090112-1」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

最後は杉の植林帯を抜けてゴール。滑り出しが酷かっただけに、後半のプチオープンバーンの感動もひとしお。やはりメリハリが重要か。ハイクアップ時は何でこんなところ登ってるんだろ?とモチベーションを維持するのが大変だったが、終わってみれば違った意味で楽しかった?

Imgp0225_r

今日の教訓:アセンションSTSのテールフックは藪に持っていかれる。藪に板が引っかかったら、無理に引き抜かないこと。テールフックだけ買うことはできないので、3000円ぐらいするSTSキットを買うことになる。そのような場合に備えて、違う板でも同じ製品を使ったほうがいいかも。

今日のインプレ:Oregonの受信能力おそるべし。谷間、常緑樹密林においても問題なく受信できた。上腕に装着するのはやはり視認性、操作性の面で△。今度は純正ハードケースを使ってみることにする。


|

« 090111 猿倉周辺 | トップページ | 090117 上州探訪 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

こんちは

同じ探索するなら、豪雪の小谷にでもしとけば良いものを...

まあ私も、ようやく真っ白になった"かぐら"を眺めながら、好きこのんで藪と戯れてましたがね。

投稿: えむとら | 2009-01-14 19:53

>えむとら

藪を狙っているわけじゃないんですけどね。どうもここはハイシーズンでも藪藪っぽいです。あと3mぐらい積もればなんとか...。

投稿: ritz | 2009-01-14 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/43734911

この記事へのトラックバック一覧です: 090112 藪山探訪:

» 01/12白馬藪山 [POWDER]
真性の藪山でした。 [続きを読む]

受信: 2009-01-14 21:49

« 090111 猿倉周辺 | トップページ | 090117 上州探訪 »