« Oregon 300 英語版 日本語化 | トップページ | Black Diamond Factor »

2009-03-02

090302 宝永山

Imgp0639_r

初めての富士山

例によって午後から用事なので、近場で。関東地方は先週一週間ははっきりしない天気で、雨がよく降りました。気温もそこそこ低かったので、富士山では雪になっているはず。今日は久々に晴れる予報です。気になるのは一時的に冬型になるということ。ただでも風の強い独立峰で、北西の季節風が吹いた日には、斜面はカチコチになるし、登るのもつらいはず。アイゼン持参です。

Imgp0630_r

初見なので、空が明るくなってからのスタート。太郎坊洞門脇から登ります。雪はうっすらと積もっていますが、登山道には雪が無いので、板を持って歩きます。約15分、太郎坊駐車場に出たところで日の出です。

Imgp0644_r

ここからは雪があるので、シールをつけて歩きます。先は上までしっかり見えているのですが、はてしなく遠いです。ただただ黙々と歩くのみ。足元は硬い雪の上に昨晩降ったと思われる雪が1cmほど。風はほとんどなく、飛ばされてもいないようです。

Imgp0635_r

凹状の地形をトレースしていくと、左手に二ツ塚(双子山)が見えてきます。寄生火山ですね。高さは1900m前後。雪付きもよいようで、ちょっと遊ぶには良さそうな斜面。帰りに寄ることにします。

Imgp0651_r

あとはひたすら荒涼とした斜面を登るのみ。木も無く、斜面の変化も無いので退屈です。仰ぎ見る宝永山は近くに見え、あと標高差1000mあるなんてとっても思えません。

Imgp0653_r

足元の雪もアイスバーンになることもなく、シールで登っていけます。唯一の目印となる二合八勺石室まで頑張ります。この辺りから斜度が急になってくるので、アイゼンに履き替えます。

Imgp0661_r

準備に10分ほどかかっているうちに、あたりはガスに包まれてしまいました。まぁ、滑るころに晴れればいいか。

Imgp0665_r

今シーズン初めての板かつぎです。ここからあと標高差600m登らなければなりません。直登するとふくらはぎが疲れるので、少しジグをきって登ります。時折こんな景色を見せてくれるので、めげずに登ります。が、近づかないなぁ。

Imgp0671_r

Imgp0678_r

標高も2500mを超えると、晴れることが多くなってきました。どうやらガスってるのは中腹から下だけのようです。それから、恐れていたアイスバーンや風はなく、足元はしまり雪、風はそよ風程度でした。ハイクしていると暑いぐらいです。富士山としてはとても穏やかなコンディションだったのではないかと思います。

そして登り始めて4時間弱。ようやく宝永山に登り上げました。

Imgp0682_r

Imgp0683_r

さて、宝永火口を見ると雪付きもよく、オープンも気持ちが良さそうです。行っちゃいますか~。さすがに火口の上からは無理そうなので、やや登り気味にトラバースして2750m地点。まぁ、滑る準備している時点で、だめっぽいのはわかっていたのですが、見た目は気持ち良さそう。

Imgp0687_r

実際のところは、ギュッと詰まったしまり雪。ゲレ板なら楽しいかもね。しかし、この火口のスケールには圧倒されますね。宝永火口は第1~第3まで重なり合うように連なっています。一番大きいのが第1ですね。下の写真は第2から第1を見上げたところです。

Imgp0695_r

さて、火口を下ったのはいいのですが、問題は帰りです。当初は第1火口の下端から回り込めばいいやと考えていたのですが、その斜面はこのありさま(↓)。

Imgp0696_r

ちょっとでも方向を間違えると、えらい遠いところに降りてしまうので、雪が繋がっていそうなところを、なるべく高度を落とさないように移動します。目標は二ツ塚。今回はこんなこともあろうかと、引退間際の板を持ってきました。そんなわけで、スコリア上等です。

Imgp0699_r

ソールをギタギタにしながら、ようやく見えてきた二ツ塚。重なっているので一つしか見えません。

Imgp0701_r

この二ツ塚の横っ腹と、凹状地形の底が一番良かったです。やっと滑った気がしました。あとは太郎坊駐車場まで。

Imgp0703_r

初めての富士山。滑りの満足度はともかく、宝永山まで登れて火口を滑ってこれたのは収穫でした。天気も良かったですし。ただ、この時期の富士山は二ツ塚あたりで繰り返し滑るのが正解のような気がします。上部はそれなりにリスクもありますし、それに見合うコンディションというのは確率が低そうです。

自宅から1時間ちょっとですし、レパートリーとしていれておきましょう。


|

« Oregon 300 英語版 日本語化 | トップページ | Black Diamond Factor »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

お! 富士山デビューですね。

宝永火口付近の地形を、イメージがつかめるように撮影しているHPは非常に少なく、参考になりました。

こちらも、東名が雪で通行止めになったくらいだから富士が結構いいかも、と思っていたのですが、3/4は標高低いところが雨だったと思われたことから、いりいろ新雪情報を参考に白馬(正しくは小谷)へ行ってしまいました(あ、3/5の話しね)

>スコリア上等

わはははは。
えむとらも、富士山では引退したはずの板がメインで活躍しています。

投稿: えむとら | 2009-03-06 20:55

>えむとら

ども。
富士山は2500m以上は春向きかな。それ以下ならそこそこ楽しめる日もありそう。近いのが何より。
板を選ぶね...。

投稿: ritz | 2009-03-10 02:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/44226187

この記事へのトラックバック一覧です: 090302 宝永山:

« Oregon 300 英語版 日本語化 | トップページ | Black Diamond Factor »