« 090430 屋久島(3) | トップページ | 090504 小蓮華逆Y字 »

2009-05-26

090503 ジャンクションピーク

Imgp1682_r

ここに行かなきゃはじまらない

ジャンクションピークから長走沢~追上沢。白馬界隈では一番好きな沢ルートです。開放感があって明るい沢、標高差、斜度もちょうど良い感じ。今年は雪が少ないので、早めに行っておくことにしました。

猿倉7時出発。高速代1000円効果で、猿倉は空いてましたね。みんな遠くへ行っちゃったんでしょう。

Imgp1673_r
とにかく暑いです!

まず猿倉台地まで1ピッチ目、これはウォーミングアップですね。次に長走沢経由で双子尾根の樺平までが2ピッチ目、風がない場合は暑さとの戦いです。ここが一番しんどいかな。景色もあまり変わらないしね。そしてジャンクションピークまでの3ピッチ目。ここは標高差400mぐらいあるのですが、とにかく直登なので、意外と時間はかかりません。登山者のツボ足跡があれば、ほとんど階段登る感じですし。が、ちょっと怖い岩場あり。

Imgp1687_r
核心部にきました。

ここで、新調したピッケル(CAMP CORSANA NOTECH)大活躍。シャフトの微妙な曲線は、力を加えやすいように思います。グリップの滑り止めも効果絶大でした。まぁ、雪壁を登るのが怖いことには変わりなかったのですが...。

Imgp1688_r
核心部登り上げて、このリッジに立ち上がる瞬間が怖かったなぁ。

Imgp1683_r
滑る斜面を見ると、汚れた雪と何日かに降った雪のまだら模様。IWAがいうには白い雪はものすごいストップスノーとか。滑りたい沢筋はほとんど白いなぁ。帰りは楽しめるんだろうか...。

Imgp1696_r
なんだかんだでジャンクションピーク到着。

Imgp1695_r
さて準備をして。

いつもとちょっと趣向を変えて真ん中の沢を滑りました。汚れた雪は滑りやすいザラメ。スピードが出ます。ただちょっと急なところはターンするたびにスラフが落ちます。スラフはなかなか止まらず、ズリズリと斜面下へ...。さて、白い雪はどうでしょう?標高が高く(2200m以上ぐらい?)、見た目がフラットなところは普通のザラメでなかなか良いです。風紋がついているようなところはガタガタでNG。

IWA

Imgp1704_r
ここから追上沢にトラバースしましょう。

こちらは汚れ雪狙い。雪質がめまぐるしく変化するので、滑走注意です。結構みんな手こずってました。雪が良ければドーンと行ける沢なんですがね。

Imgp1706_r
汚れた雪を選んで滑れば、そこそこだったかな。

今年のGWは、パウダーシーズン並みにいい雪を当てる観察力と判断力が求められましたね。やはり直前の雪が効いてます。今日の結果、標高の高い日当たりのいい面では白くても滑りやすいザラメがあるという結論に達しました。翌日の山行に生かします。

|

« 090430 屋久島(3) | トップページ | 090504 小蓮華逆Y字 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/45108960

この記事へのトラックバック一覧です: 090503 ジャンクションピーク:

» 05/03ジャンクションピーク [POWDER]
春の定番を今年も滑ることにしました。 [続きを読む]

受信: 2009-05-26 20:09

« 090430 屋久島(3) | トップページ | 090504 小蓮華逆Y字 »