« 090904 城山 | トップページ | 091011-12 青崩峠・小和田 (2) »

2009-10-18

091011-12 青崩峠・小和田 (1)

Imgp3024_r

秋晴れの下、爽快なキャンプツーリングとなりました。

久しぶりの自転車キャンプツーリング。ルートは青崩峠を越えて水窪へ、そこから輪行で小和田に入り、翌日自転車で戻るというもの。構想自体はここ5年ほど話に挙がってはいたものの実現せず。何せ自転車シーズンは6月~10月。ヒルがいない季節となると10月しかなく、なかなかタイミングが合いませんでした。メンバーはいつものIWAとスズキさん。

Imgp3059_r
今回の装備はMTBにキャリアをつけてパニアバッグ。一応ザックを背負っていくものの、なるべく自転車に積載する作戦。問題はこれで輪行と担ぎをどうこなすか...。

荷物は泊まり道具と調理道具が主ですが、やっぱりどうしても炭火焼肉がやりたかったため、旧鹿沢BBQで使用したコンロと豆炭のセットを持参。小さくても重量ずっしり。

Imgp3008_r
さて出発しましょう。IWAは小さめのザックに背負えるバッグをキャリアに縛りつけ、スズキさんは大きめのザックひとつ。さてどれが楽かな?

Imgp3011_r
天気はご覧とおり快晴。暑くもなく、ツーリング日和。

Imgp3017_r
山は紅葉にはまだ早い感じ。

兵越峠への道から分かれると、青崩峠への道は車は行き止まりということもあって、交通量ほぼゼロ。のんびり登っていくことができます。特に激坂というところもなし。車道が終わると、いよいよ担ぎで登山道。とてもよく整備されています。

Imgp3034_r

Imgp3038_r
歴史を感じさせる石垣の道

Imgp3044_r
東屋で一休み。荷物は結局どうしたかというと、パニアバッグをザックにくくりつけました。しかもかなりしっかりと取り付けることができたので、背負いやすく、しかも自転車を担ぐこともできたので大成功です。ただパニアバッグを脱着するのが面倒なのが玉に瑕。青崩峠は登山道がよく整備されていて広く、あまり急なところも無いので、担ぐよりも押している時間が長かったかな?

Imgp3047_r
そんなこんなで青崩峠到着。峠の落書き帳ボックスには、なぜか自転車関係の資料(雑誌のカラーコピーとどこかのHPのツーリング記録のプリントアウト)が入っていましたね。やはり自転車と峠越えは切っても切り離せない関係なんでしょう。

さて、峠の反対側は5分もしないうちに車道に出ます。ほんとにあとわずかなんですね。しかしこの峠が開通することもなさそうですが。

Imgp3062_r
爽快に下り、水窪まで一気に。

Imgp3076_r
水窪到着!

Imgp3081_r
腹ごしらえをして、食材を買い込んで、いざ小和田へ。

Imgp3085_r
200円です。

Imgp3084_r
そして今回試したかったのがモンベルのコンパクトリンコウバッグ クイックキャリー。前輪をはずすだけ、しかも上から被せてドローコードを引っ張るだけで収納完了。慣れれば1分で収納できそう。しかも畳めば500ml缶ぐらいの大きさ。

反面、自転車を入れてもでかい。生地が破れそう。という欠点はありますが、乗客の少ないローカル線で10分ぐらいの距離ですから。

Imgp3087_r
パニアバッグは担ぎの時と同じく、ザックにくくりつけました。

Imgp3093_r
小和田到着!

Imgp3103_r
日は暮れて...

Imgp3117_r
炭火焼肉開始!持ってきた豆炭の量が少なく、いまいち火力不足。トーチの火で援護しながらの焼肉となりました。これが意外と奏効。火力アップながら、あくまでも炭火。炭火コンロの側面にトーチ用のアダプタでも作ろうかと思ったぐらい。

Imgp3119_r
おいしそうに焼きあがりました。

Imgp3114_r
食後は駅舎に戻って談笑のひととき。

おやすみなさい。

|

« 090904 城山 | トップページ | 091011-12 青崩峠・小和田 (2) »

自転車(ツアー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 091011-12 青崩峠・小和田 (1):

» 10/11青崩峠 [POWDER]
秋の旅系ツーリングです。 [続きを読む]

受信: 2009-10-18 05:31

« 090904 城山 | トップページ | 091011-12 青崩峠・小和田 (2) »