« 100306-07 戸隠(2) | トップページ | 100314 黒斑山BC »

2010-03-11

100310 丹沢 大室山BC

Imgp4059_r

寡雪地域シリーズ第2弾

ネット上でもちらほら記録を見る丹沢での山スキー。その中でも大室山北東尾根のブナ林は別格のようです。しかし問題は雪があるかどうか。可能性があるのは関東地方に大雪が降った直後。このレアモノ感がマニア心をくすぐります。

今シーズンは比較的南岸低気圧が多い(東京の2月の降雪日が10日あったぐらいですから)ので期待していたのですが、今一ドカンと来ないまま3月。このまま今シーズンは無理かなぁと思っていたのですが、強力なやつがやってきました。タイミング良く休めたので出かけてきました。ただ寒気が足りずに平地が雨なのは気がかりですが...。

Imgp4022_r
景色だけは一著前の雪国。

ルートとしては道志村の久保から尾根を直接登り上げる登山道。まず最初の問題はどこからシールが使えるかということ。シールが使えるだけの雪はあるのか、シールで登れる斜度なのか。念のためアイゼンとスノーシューを持ってきたのですが、現地に着いて両方とも必要ないことがわかりました。十分シールが使えそうです。念のためアイゼンはザックに忍ばせました。

Imgp4028_r
核心部は久保の吊橋。看板をよく見ると400kg以上のものは通るなと書いてあります。うーん、吊橋に積もった湿雪はどう考えても400kg以上ありそうですけどね。まぁ、静止しているなら良いということかな?

Imgp4032_r
渡り終えた図。この吊橋の高さは数十メートルあるので、結構怖いです。

早速尾根に取り付きます。雪の量は十分。30センチぐらいでしょうか。幸か不幸か超湿雪で地面との結合もよく、シールもかなり強力グリップ。シールのダンゴが予想されたのでシールワックスはたっぷりと。

Imgp4034_r
夏道がしっかりしているおかげで、登山道の雪付きはよいですが、斜度があるところなど帰りは難儀しそうです。

Imgp4035_r
しばらく行くと植林帯に。このあたりは枝葉から落ちる水滴に悩まされました。ほんとはミッドシェルも脱ぎたいのですが、雨のような水滴に脱ぐわけにもいかず...。この植林帯は標高1000m付近まで続いています。

Imgp4043_r
やっと落葉樹林帯になっても、やせ尾根あり、潅木ありで、スキー向きでない斜面が続きます。それにしても標高を上げても雪質は変わらず湿雪のまま。やっぱり気温高いしこんなもんですか。

Imgp4044_r
このあたりの木の幹、枝にはえびの尻尾がびっしりと形成されていました。昨日は平地でも相当な強風だったので、山の上はすさまじかったのでしょう。またそのえびの尻尾が頭上から束になって落ちてくるので、ビクビクしながら通ります。

Imgp4048_r
そしてようやく標高1400m近くになって滑れそうな斜面が見えてきました。

ここからはすばらしかった。噂に違わぬ立派なブナ林です。そして樹間も十分開いていて、スキー滑降には最適。やや斜度は緩いですが、ガツガツせずメローに楽しむのがこの林の雰囲気に合っているような気がします。山頂まで標高差にして150m足らずの斜面です。

Imgp4054_r

Imgp4055_r
ゴミのように見えるのはブッシュではなく、昨日の強風で落とされた小枝です。雪の量は十分で、地雷を踏むこともなさそうです。

Imgp4056_r

Imgp4057_r

しかし困ったのは雪質。湿雪はともかく、表面に木から落下したと思われる氷の破片がベールのように覆っていてクラスト状態。はたしてまともに滑れるのだろうか?

Imgp4064_r
そして登り始めから3時間半ほどで山頂到着。さすがに誰もいませんでした。

登りの頭上からの水滴・えびの尻尾攻撃と汗で体中が湿って寒いので、とっとと準備して滑ります。頂上から登りのトレースを使って加速。そしてブナ林へ突入!!と、ここで湿雪・クラストの最強タッグが襲いかかります。

タ...ターンできない。

板のテールが抜けてくれません。ジャンプターンする以外に手立てはありません。ただでも金具が真ん中よりに付いてテールの長いポケロケ君。こんな時に今時のロッカーな板ならスムーズに抜けてくれるのか?太すぎないロッカー板なら最強か?来期買って見るか?といったことが一瞬のうちに頭の中を駆け巡りましたが、気を取り直して。

その後残りの標高差1000mは苦行でした。が、歩くよりは早いでしょう。結局一度も板を脱ぐことなく戻ることが出来ました。湿雪だったせいもあり、全身びしょぬれ。道志の湯で暖まって帰路につきました。

大室山。ひとまず麓から板を脱がずに往復するという目標はクリアしました。雪さえあればシールのみで行けます。山頂部の斜面がすばらしいこともわかりました。ただしまともに滑れるのは山頂から標高差150mぐらいです!

雪の良いときにもう一度来たい!

|

« 100306-07 戸隠(2) | トップページ | 100314 黒斑山BC »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

考えることは似ているのか、10日は奥多摩に行くかコルチナに行くかでちょっと悩みました。
根雪がほとんどないだろうことと、気温が高めなことを考慮して小谷を目指し、結局撤退を余儀なくされたけど、奥多摩はどうだったか気になります。
20数年前にはm級の大雪に遭遇しましたが、もうあんなことはないのかなあ。

投稿: えむとら | 2010-03-12 01:53

ども

そうねぇ、まぁ雪の量は十分だったと思うけど、雪質はそれなりだったんじゃないかな?雪質を望むなら、やはり都心の気象台で積雪が観測されるぐらいが目安かも。
あと今回は強風の影響もあったと思います。

奥多摩も良さそうだね。

投稿: ritz | 2010-03-13 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/47778759

この記事へのトラックバック一覧です: 100310 丹沢 大室山BC:

« 100306-07 戸隠(2) | トップページ | 100314 黒斑山BC »