« 100503 茶畑山 | トップページ | HAVEN(TM) -6ºC SLEEP SYSTEM »

2010-05-16

100504 北月山里山

Imgp4608_r

静かなる里山

さて、本日は曇り時々雨の予報。こんな時は山の上はガスでしょうから、標高低めツリーの斜面へ。えむとらによると、北月山方面にそこそこ良さそうなところがあるとのこと。雪があるか気になるところではありますが、行ってみましょう。

Imgp4569_r
何だか斜面には雪がないようですが、車でいけるのはここまで。

Imgp4570_r
北月山自然の森。ここからはスキーは脱いだり履いたり。

Imgp4582_r
水芭蕉の群生地があり、半分水中撮影してみました。

Imgp4584_r
ガスってもツリーなら問題なし。むしろ雰囲気を盛り立ててくれます。

Imgp4591_r
と思ったら、ガスっていたのは下部だけで、少し登ると視界良好。眼下に鶴巻池が見えます。

Imgp4608_r
最初は雪があるだけでありがたいと思っていたのですが、登るにつれて中々好斜面であることがわかってきました。斜度はそこそこ、樹間のあいたツリーで、時々開けた場所あり。地形はやや複雑なところもあり、斜面変化も楽しそう。ハイシーズンにお手軽に楽しむのには最適でしょう。

Imgp4609_r
昨夜の雨の影響か、多少スプーンカット気味ではありますが、雪そのものは柔らかいので帰りも気持ちよく滑って来られそうです。

帰りはなるべくノンストップで滑りたいので、インスペクションしながらのんびり。好き好んでこの天候でこの界隈を歩く人もいないようで、静寂そのもの。どんより曇った空が、よりその静けさを引き立てているようです。時々聞きなれない鳥の声がするのもまたよい感じ。

Imgp4613_r
さぁ、そろそろ目的地が近づいてきました。

Imgp4615_r
穏やかな丸いピークが本日の目的地。983mピーク。

Imgp4616_r
月山方面は案の定ガス。この辺りの標高のツリーがやはり正解だったようです。さて、お湯沸かして、暖かいスープをお腹に流しこんで一息ついたら、行きましょうか。

下りは予想どおり楽しめました。調子に乗って下ったらルートを間違えて登り返す羽目になりましたが...。

Imgp4624_r
最後は無理やり雪を繋いで何とか鶴巻池の畔まで滑ることが出来ました。

|

« 100503 茶畑山 | トップページ | HAVEN(TM) -6ºC SLEEP SYSTEM »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/48305591

この記事へのトラックバック一覧です: 100504 北月山里山:

» 2010.5.4 北月山 [ザラメ雪紀行]
静寂の和み系山行                                 [続きを読む]

受信: 2010-05-24 21:58

« 100503 茶畑山 | トップページ | HAVEN(TM) -6ºC SLEEP SYSTEM »