« 冬用シェルターを考える | トップページ | 100925 高倉山 »

2010-09-20

100912 篭ノ登山

Imgp5310_r

お手軽ながら絶景の山

自分自身小さい頃に何度か登った山。冬にも満月スキーのあくる日に登りました。お手軽に登れて、とても眺望のよい山です。標高は2,228mありますが、ベースがすでに2,050mあります。

今回は前日、休暇村 鹿沢高原でオートキャンプしてからの移動。ちなみにオートキャンプですが、やってみると中々楽しいものです。まぁ、自宅での機材の収納に困りますが...。いつもは駐車場で車中泊+BBQというスタイルでしたが、ファミリーだとさすがにそういう訳にもいきませんからね。

Rimg0486_r
オートキャンプの道具って、山用に比べたら安いけど、スチールがふんだんに使ってあって重いよね。

さて、車を池の平駐車場(協力金500円)に停めて、林道を渡ってすぐに登山口があります。コースタイムは40分くらい?前半樹林帯で、後半ガレ場です。火山地帯の典型パターン。

Imgp5232_r
駐車場から見る(東)篭ノ登山。すぐそこ。

Imgp5237_r
こんな感じではじまり。

Imgp5239_r
青空もあざやか。

Imgp5241_r
時々お菓子休憩しながら、それにしても樹林帯は飽きてくるみたい。

Imgp5245_r
段々と空が開けてくるようになると、俄然元気に。

Imgp5259_r
ガレ場に出ました。後ろは池の平。

Imgp5261_r
エゾリンドウ(だと思う)

Imgp5263_r
あともう少し

Imgp5265_r
到着!4歳児でも50分ぐらいでした。

Imgp5286_r
やや雲が多目ながら、今日も絶景。浅間山~小諸方面~池の平。

Imgp5267_r
水ノ登山方面。もう少し時間に余裕があったら、縦走するのもよいかも。自転車をデポれば戻れるし。
赤ゾレ(崩落斜面)は冬には中々のエクストリームラインになりそうですね。

Imgp5304_r
嬬恋村方面。キャベツ畑が青い。

Imgp5298_r
山頂から一段下がった草付きの台地でお昼。日曜日の割りにハイカーも少なく、1時間以上のんびりしました。

Imgp5305_r_2
今日は下の子もよく起きていて、山頂では石をカチカチやって遊びました。

次はどこ行くかなぁ。

|

« 冬用シェルターを考える | トップページ | 100925 高倉山 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/49500714

この記事へのトラックバック一覧です: 100912 篭ノ登山:

« 冬用シェルターを考える | トップページ | 100925 高倉山 »