« 四分円 | トップページ | 冬用シェルターを考える »

2010-09-09

Black Diamond Factor vs Quadrant

Imgp5230_r

恒例のATブーツ比較シリーズ。

さて、来るシーズン。BDから新しいATブーツQuadrantが登場します。BDには同じく4バックル・オーバーラップカフのFactorが存在するわけですが、その後継というわけではなく、別ラインの設定。Factorがより滑りを重視したFreeride向け、Quadrantが歩行を重視したAlpine Touring向けといったところでしょうか。

さてこの2つのブーツ、カテゴリーは違えど比較したくなるのが心情。どのように違うのでしょうか?調べてみます。まず重量。Quadrantはその軽量さが売りということですが...

Imgp5200_r
Factor 1949g

Imgp5199_r
Quadrant 1554g

その差約400g!!
この差はロングツアーに効いてきそうですね。GarmontのMegaRideとほとんど変わらない重量ですね。ちなみにシェルとインナーの重量は以下のとおり。

Factor・・・シェル1555g/インナー394g
Quadrant・・・シェル1277g/インナー277g

インナーの100gの違いはどこから来るのでしょうか。

Imgp5205_r
インナー比較

Factorは表面が厚みのあるナイロン生地で覆われているのに対し、Quadrantはだいぶ薄そうです。また、Factorはタンがプラスチックのプレートで強化されていますが、Quadrantは厚手のパッドが貼ってあるのみ。このあたりはブーツのフレックスに効いてきそうです。

そして両者ともBOAシステムを搭載しているのですが、大きく違う点が一つ。Factorが金属ワイヤーだったのに対し、Quadrantはナイロンワイヤーになっています。これはちょっと強度の点で心配。なんだか強く締めると切れてしまいそうです。また、シェルのカフに挟んでしまわないように注意が必要かもしれません。

Imgp5210_r
インナー後部

Quadrantは補強に軽量な素材を使い、さらに穴を開けて軽量化しているようです。内部は意外と差はなく、Quadrantもかかと部分はしっかりとホールドするような立体形状になっていて、フィット感はよいです。

お次はシェルにいきましょう。

Imgp5211_r
シェル内部。Quadrantにはリアスポイラーがない。

Imgp5215_r
Quadrantのアッパーシェル

そしてQuadrantの特徴的なのは、第2バックル(?)が付いているシェルが独立に可動するようになっていて、ウォークモード時により深く前傾することが可能になっているところです。逆に滑走時は軟らかく感じそうなところです。

Imgp5216_r
ロワーシェル

また、バックルもQuadrantはワイヤータイプ。ちょっと心許ないように思えますが、昔のブーツのバックルはみんなこんな感じでしたね。多少伸縮はしそうなので、ブーツのフレックスに効いてきそうです。

Imgp5217_r
ウォークモード・スキーモード切替

Imgp5220_r
TLTインサートホール

QuadrantはTLTインサートホールがネジ止めになっていて、交換ができそうです。Factorのほうは壊れたらソールごと交換という思想なのかな(交換式ソールなので)。

Imgp5223_r
試しに履いてみました

スキーモードにした状態で、フレックスの違いはあまり感じません。Quadrantのほうがやや足首の曲げがしやすい感じ。足の甲から足首までのホールド感もほぼ一緒。違うといえば脛部分の感覚。タイトル画像でもわかるように、Factorのほうが脛上部までホールドする形状になっているため、ホールド感は強く感じます。やっぱり、Factorはより滑り向かな。それに慣れると、Quadrantはやや物足りないかもしれません。

※気温が30度近い部屋での感触なので、寒くなってシェル硬度も変われば、印象はまた違うかもしれません。

総合的に見て、FactorとQuadrantはうまく棲み分けできているなという印象です。滑ってみないとわかりませんが、素人山スキーヤーが滑る領域ではQuadrantで充分な気がします。それに片足-400gのアドバンテージは大きいです。スチールアイゼン→チタンアイゼンぐらいの差はありますから。

FactorとQuadrant、どっちか一つ選べといわれたら...

やっぱり滑り比べてからにします。

|

« 四分円 | トップページ | 冬用シェルターを考える »

スキー(ギア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Black Diamond Factor vs Quadrant:

« 四分円 | トップページ | 冬用シェルターを考える »