« 100925 高倉山 | トップページ | 101011 武尊山 »

2010-10-08

100926 浅間隠山

Imgp5448_r

山頂は秋の気配

Imgp5391_r
夜明け

昨晩はテントの中ではなく、スクリーンタープ内に置いたコットで就寝。夏用シュラフ(ISUKA AIR180 ~8℃)にダウンベストを着て寝ました。夜中の最低気温は7℃。シュラフは肩口までしかないタイプなので、頭がちょっと寒かったなぁ。ニット帽ぐらいは持ってくるべきでした。

さて、5時過ぎに外へ出てみるとちょうど夜明けが始まったところ。このキャンプ場は日の出がすばらしいということは聞いていたので、早速展望台へ。

Imgp5393_r
榛名山が影絵のように浮かび上がって...

Imgp5402_r
中央奥にうっすらと見える山。筑波山だそうです。

Imgp5398_r
くるぞー

Imgp5406_r
きたー

昨日、関東の東海上を台風が抜けていったせいか、澄み切った空全体が濃いオレンジ色に染まっていました。見事。わざわざこれを見るために車で来ている人もいました。キャンプ場の管理人の方にはコーヒーもご馳走になり、充実した朝でスタート!

で、午前中のんびり過ごしていたら、メインの浅間隠山の出発が12:30になってしまいました。コースは一番メジャーな二度上峠コース。標準コースタイムは90分。さて、どのくらいで行けるか?すれ違った下山のハイカーに、『天気が崩れるから早めに下りたほうがいいよ』との注意をいただく。確かに天気予報では夜に雨だった。ちょっと焦る。

Imgp5416_r
最初は谷間の道

Imgp5418_r
少し急な坂を登りきると、北軽井沢方面からの道と合流。

ここから標高1550mあたりが、この山で一番気に入ったところ。直登ルートとジグザグルートがありますが、個人的にはジグザグルートをお奨めします。

Imgp5468_r
ゆるやかな森の小道といった雰囲気で心がなごみます。

いよいよ稜線に向けて急登になってくると、登山道の荒れ方が酷くなります。多くのハイカーで踏み固められ、雨で川のようになって掘れてしまっています。いずれは道を付け替えるか木階段(国師ヶ岳のような)にしないと、登れなくなってしまいそうです。

Imgp5427_r
子供にとってはよじ登る感じ

Imgp5428_r
ようやく稜線に。ここまでくればもうすぐ。

Imgp5429_r
頂上が見えてきました。

Imgp5431_r
視界も開けて

Imgp5433_r
到着。

本日一番最後の登頂パーティでした。所要時間105分。頑張ったんじゃないでしょうか。

Imgp5436_r
浅間山。すでに雲がかかり始めてます。

で、山頂は冷たい風が吹いて寒い!空もちょっと曇りがち。とりあえずみんな着るものは全部着て、遅い昼食タイム。体を温めるには食べるのがよいということで、ガツガツと。あまりに寒いので、ラーメンの残りスープにおにぎりをつぶして入れて雑炊に。あったかいよー。食べるもの食べたらさっさと下りましょう。

Imgp5452_r
早く帰ろう

Imgp5455_r
急登コースの下りはキビシイ

Imgp5484_r
ジグザグ道は楽しいな

Imgp5497_r
ちょっと寄り道をして、浅間隠山をバックに記念撮影

下りは2時間かかっちゃいましたね。午後5時着。ちょっと急ぎ足だったけど、何とか暗くなる前に到着しました。上の子もだいぶ自信がついたんじゃないかな?

帰りに寄った亀沢温泉を出てきたときには、雨が降り始めていました。初日も台風を避けて晴天だったし、天気に恵まれた2日間でしたね。

|

« 100925 高倉山 | トップページ | 101011 武尊山 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/49678360

この記事へのトラックバック一覧です: 100926 浅間隠山:

« 100925 高倉山 | トップページ | 101011 武尊山 »