« ライトヘブンを試す | トップページ | 101107 城ヶ尾山 »

2010-11-21

101106 菰釣山

Rimg5640_r

落ち葉を踏みしめて

このところ少し遠い所が多かったので、近場で良い山が無いか探していました。そろそろ落葉した明るい林でも歩きたい気もしていて、だけど山頂の展望もやっぱり欲しい。あんまり人が多いところもなぁ。それに子供が登れて、キャンプ場が近くにあって...。

直前までなかなか決まらなかったのですが、そんな欲張りな条件を満たす山がようやく見つかりました。西丹沢(というより道志の山)の菰釣山(こもつるしやま)です。麓の道志の森キャンプ場(ここはかなり有名)から直接行くことができます。ネットの情報によれば、稜線はブナ林となっていて、気持ちの良い歩きが楽しめるとのこと。

自宅から近いこともあって、キャンプ場には朝7時過ぎ着。チェックインは12時らしいんですが、みなさん既に場所取りが始まっています。さすが有名どころは違いますね。とっても広いので、張る場所に困ることはないのですが、逆にどこに張ろうか迷いますね。真夏なら渓流沿いが涼しくていいんだろうけど、晩秋の時期はちょっと寒そう。

Rimg5762_r
結局、川から少し離れた林の中に張りました。

さて、菰釣山へのルートは2通りあります。キャンプ場から二股に分かれている沢のうち、東沢を経由して城ヶ尾峠から稜線伝いに行くコース。それから西沢を経由して菰釣避難小屋付近の稜線に登り上げるコースです。前者のほうが稜線歩きが長く楽しめそうだったのですが、時間的に子供にはちょっと厳しそうだったので後者のコースへ。キャンプ場から歩くこともできますが、時間節約のためにゲートまで車で。

Rimg5600_r
しばらくは林道歩き。

Rimg5603_r
この急な木階段から登山道は始まります。

Imgp5967_r
このコース、稜線に出るまではほとんど沢の中を歩いていきます。川の渡渉が4回ぐらいはあったかも。もしかしたら、雨の直後はあまりコンディションが良くないかもしれません。

Rimg5610_r
このコースの良いところは苔ワールドが広がっているところです。苔フェチにはたまりません。ちょっとばかり白谷雲水峡を思い出しました。

Rimg5614_r
不思議なのは、沢の水量はそんなに多いわけではなく、谷自体も比較的開けているのですが、岩や倒木への苔がかなり育っています。それからあまり下草が生えていないのも特徴。地質的に拳大の岩石がザクザクしているし、北斜面で日当たりも悪いのでそうなっているのかな。雪が積もったら結構滑るのが楽しいかもと思われる斜面でした。

Rimg5619_r
沢をどんどん詰めていって、急傾斜に負けて道が巻くように水平に伸びると、稜線に到着です。

ここからは山頂まで緩やかな登り。予想通り、明るくて静かで落ち着いたいい道です。

Rimg5630_r
そこから5分ほど歩くと、避難小屋に到着。ちょっと平らになったところに太めのブナが2,3本。いいロケーション。小屋も新しいし、泊まってみたいですね。丹沢から富士五湖方面に抜ける縦走ってのもよいかも。山中で寝ることを目的にゆっくり歩くっていうのもやってみたい。やっぱり歩いて楽しいのは秋~春でしょうね。丹沢の夏=ヒルのイメージがあるので...。

Rimg5634_r

Rimg5645_r

Rimg5642_r
いいですなぁ。

ここでしばらく休憩。というのも、ツアー登山の団体さんが先行していて、すぐこのまま頂上に行ってしまうとかち合うので、時間調整したのでした。山頂はあまり広くないとのことだったし。

Rimg5649_r
避難小屋から先もナイスな道は続く。

Rimg5656_r
ほらほら、近づいてきました。

Rimg5663_r
どーん。頂上到着!見えてよかったぁ。富士山。

Rimg5694_r
富士山以外では御正体山が大きく見えます。

Rimg5667_r
山頂はこんな感じ。2つほどベンチ兼テーブルがあります。20人もいればちょっと狭く感じるかも。

それから気象観測装置があり、無線でどこかへ伝送しているようでした。帰宅して調べてみると、どうやら神奈川自然環境保全センターというところが設置しているようです。丹沢の各所に気象テレメトリーを設置しているとのこと。ただ残念ながら現在はデータの公開はしていないようです。遠隔地気象観測フェチとしては残念なことです。それでも2008年までの記録は見ることができ、真冬は日中でも-5℃以下が普通なんだなぁ、と意外に寒いことに驚きました。

到着してまもなく、団体さんは山中湖方面へ下っていかれました。山伏峠か、それとも山中湖まで行くのかな?人もいなくなって静かになったところで、遅い昼食です。1時間半ぐらいのんびりしたかな。結構朝早く出たつもりだったけど、何だかんだで午後2時。夕暮れは早いです。

Rimg5718_r
ぼちぼち

Rimg5721_r
下るよー

Rimg5734_r

Rimg5745_r
おいしい湧き水あり。道志村は横浜市の水源らしいです。

Rimg5747_r
せっかくの苔が落ち葉で汚れていたので...

Rimg5755_r
きれいにしてあげました。

|

« ライトヘブンを試す | トップページ | 101107 城ヶ尾山 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

あ、いいですねぇここ。リハビリにはもってこい?
しかし、やはり富士山の積雪量が少ない気がします。
今年は気流が西よりなので、湯沢や太平洋側は苦労しそうです。
一昨年前と同じ狙いがいいかもしれませんね。

投稿: HOKUTEN | 2010-11-21 15:39

>HOKUTENさん

ども。この辺りに大雪が降ったら、やっぱり大室山に行ってしまうかも。一昨年てどんな感じでしたっけ?全体的に寒冬なら、歓迎すべきかな。

投稿: ritz | 2010-11-22 00:02

この時期、そろそろ紅葉より落葉を楽しみにしたり、
歩きながら雪のついた斜面に思いを馳せたり、
考えることって似通ってくるもんですねえ。

なるほど、富士山が近くに見える山 ってのも
良さそうですな。

投稿: えむとら | 2010-11-23 17:41

>えむとら

そうだねぇ、冬晴れの日に近場の低山の明るい雑木林を歩くのに憧れがあるんだけど、そんな時期って雪山しか行かないからね。紅葉が終わりかけて本格的な冬に入るまでのこの短い時期がいいシーズンなんだよね。
眺望は重要です。大人だと森を楽しめるけど、子供はやっぱり眺めが重視。苦労して登った山頂が木に覆われてるとがっかりくるらしい。

投稿: ritz | 2010-11-25 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/50086532

この記事へのトラックバック一覧です: 101106 菰釣山:

« ライトヘブンを試す | トップページ | 101107 城ヶ尾山 »