« 101226 八方 | トップページ | 110108 小谷里山 »

2011-01-22

110102-05 志賀高原

Imgp6127_r

あけましておめでとうございます。もう1月も終わろうとしていますが...

正月は志賀高原に行ってきました。ここ数年、いや十数年、志賀高原といえば4月かゴールデンウィークと決まっていたのですが、雪のいい時期に滑りたくてやってきました。正月寒波の影響でものすごく寒かったのですが、初日を除いて天気は上々。雪も良かった。

今回の最大の目的は、上の子に距離長く滑ってもらうこと。昨シーズンに緩斜面であればなんとか一人でスピードを制御して降りてこられるようになったので、滑る楽しみを広げてあげようと思いました。で、いろいろなコースが選べるここに来たわけです。

Imgp6103_r

で、最初はこんな感じの初級者迂回コースに行くわけです。

自分が滑るのだったら、まず選ばないコースをいろいろ探していきます。そうすると『ああ、こんなところにこんなコースがあったんだ』というような新たな発見もあり、滑走スピードも低いので、まわりの景色もよく観察できて新鮮でした。

でも、初級者迂回コースって結構体力使うんですね。途中で平坦になってしまって、自力で漕ぐ・歩くが必要なわけです。で、子供も飽きてくる。

Imgp6129_r

そんなわけで、少し斜度があるところに連れて行くと、教えたわけではないのにボーゲンで自由自在に滑り始めました。自分の意思で曲がり、止まることがいつのまにかできていました。子供は吸収が早い。

そうなれば、こっちのもの。広大な志賀高原をツアー的に楽しんじゃいましょう。子連れで気に入ったコースをいくつか。

Imgp6111_r

奥志賀の第6リフト沿い。ここもはじめて来ました。上から下までほぼ一定の斜度で一直線に下るコース。幅も広くて人も少ないので安心して飛ばせます。スピードに慣れさせるには最適。ただしここのリフトは土日祝のみの営業なので注意です。

Imgp6140_r

そしてタンネの森。普段は高天原から一の瀬に戻るときに横切るだけですが。ゲレンデ内に島のように残されたツリーの中。滑った後がクロスコースのようになっています。だだっ広いゲレンデよりも、こういう曲がりくねって起伏があるコースのほうが楽しいようです。

そして一番楽しそうだったのが奥志賀の第一ペア横にあるキッズ林間コース。ここはほんとにツリーの中で、最初は滑禁か?と思ったのですが、ちゃんとコースとして認められてるんですね。奥志賀さんさすがです。こんなコースがあちこちに増えるといいなぁ。

天気もよかったこともあり、結構滑り倒した4日間でありました。あ、寒すぎて車の軽油が凍結しました!ディーゼルのみなさんは燃料は現地のものを!今までそんなことは無かったので油断してましたが、寒波が来ている標高1700mじゃダメでしたね。

|

« 101226 八方 | トップページ | 110108 小谷里山 »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/50651392

この記事へのトラックバック一覧です: 110102-05 志賀高原:

« 101226 八方 | トップページ | 110108 小谷里山 »