« 110206 秋田駒ヶ岳 | トップページ | 110213 安曇BC »

2011-02-21

110212 小谷BC

Imgp6367_r

白馬に集合。さて、どこに行くか迷いました。昨日から来ているIWAによると、小日向山や大渚山がそこそこよかったらしいという話。天気も崩れるという予報だし、小谷方面でまだ行ったことのないツリーに行くことに決定。

とある集落から登っていくのですが、スタートの標高は低く、出だしの雪は硬い下地にちょっとくたびれた新雪が乗った状態。昨日のものと思われるトレースを辿るものの、かえってスリップして登りにくかったです。

Imgp6346_r

それでも少し登るとこのような快適ツリーが広がり、モチベーションもアップ。昨日のトラックはあるものの、まだまだ奥に手付かずの斜面が広がっています。

それにしても今日はみんなシールの調子が悪いみたいで、なかなか登ってきません。Geckoはなかなかやりますねぇ。今日は2回ほど登り返したのですが、粘着力が低下することも無く、シールトラブルは皆無でした。

Imgp6355_r

ちょうど稜線に登りあげたところで雪が激しくなってきました。ツリーとはいえ、濃いガスに巻かれたら嫌なので、ドロップポイントに急ぎましょう。

Imgp6356_r

いい雰囲気。このあたりからボウル状の沢にドロップします。

Imgp6359_r

準備しているときから笑みかこぼれますよねぇ。行きますか!

110212-1

IWA

110212-3

スズキさん

110212-2

Imgp6369_r

もう一本行きますかー。思いのほかいい斜面だったので、欲張ってもう一本。こうなるとハイクも苦にならないですねぇ。

Imgp6373_r

こちらも最高~の雪。

この後、もう一度登り返して沢筋へ。ちょっと危険を感じたので急遽ルートを再設定。尾根筋を楽しみつつ、登り返しも無く帰着できたのでした。

Imgp6380_r

バンザイ!

|

« 110206 秋田駒ヶ岳 | トップページ | 110213 安曇BC »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/50900447

この記事へのトラックバック一覧です: 110212 小谷BC:

» 02/12小谷里山+(プラス) [POWDER]
しあわせツリー。 [続きを読む]

受信: 2011-02-22 06:14

« 110206 秋田駒ヶ岳 | トップページ | 110213 安曇BC »