« 110305-06 てれまくり・雪乞い・さのさか | トップページ | 110326 小谷里山 »

2011-04-09

110319-21 野沢温泉

Dscf0020_r

初めての野沢。

震災直後ということもあり、大幅な縮小営業。上の平から上部は営業していませんでした。特に、隣村の栄村で起きた震度6の地震により、リフトへ直接的な被害もあったようです。そんなわけで3連休とはいえ、宿には他の客の姿は無く、ゲレンデもほとんど人がいません。

◆3月19日

Dscf0026_r

天気はとても穏やかで、春スキー日和です。気温が高く、ところどころストップスノーになっていました。

上部のゲレンデが滑れないので、日影ゴンドラを使ってベースと上の平の間を回すのがメイン。子供にとってはちょっと急なところもあるので、初級者迂回コースを使ったのですが...。

Dscf0032_r

斜度が緩すぎて、雪も滑らなくて、しかも途中でクロカンしなきゃいけないので疲れます。

お昼に食べた『パノラマハウス ぶな』のカレーが辛くておいしかったなぁ。カレーを食べてあれだけ汗をかいたのは久しぶりです。

◆3月20日

Dscf0033_r

二日目は薄曇りの天気。ゲレンデでは滑らず、日影ゴンドラ終点からハイクして森を歩きます。上の子は空身でスノーシュー。板は親が背負います。

上の平の横にある森を歩き、適当なところで巣鷹湖へ滑り降りる計画。ほとんど斜度がないので登りは楽です。最初はゲレンデ内を歩き、途中から森の中へ。

Rimg6227_r

スノーシューハイクも様になってきた?

Dscf0038_r

謎のアーチをくぐって。

Dscf0047_r

あんまり上まで行ってしまうと、また上の平ゲレンデに出てしまうので、ツリーの雰囲気があるところでハイクをやめ、滑走開始...、といっても緩斜面+ベタ雪で滑らないです。

Rimg6234_r

行きましょう。

110320-1

ほとんど漕ぎましたが、後方チームは先行トレースを使って何とか滑れる感じ。

Dscf0053_r

いい感じのブナ林を通り過ぎると、巣鷹湖が見えてきます。

Dscf0059_r

到着。湖全体が見渡せる丘に陣取り。

Dscf0057_r

昼食をとったり、

Dscf0073_r

滑り台を作って遊んだりしました。

このあたりは夏はキャンプ場になっているようで、標高も1300mあるので涼しそう。夏にファミキャンしに来るかな。それからこの湖を周回するキャットツアーが来ていました。帰りはそのトレースを利用して戻ります。

Dscf0077_r

とはいえ、大部分が平坦か微妙に登っているので、クロカンです。何とか天気も持ち、楽しめました。

◆3月21日

Dscf0088_r

最終日は曇りときどき小雨or小雪。

下界は雨&ガスでしたが、上の平まで上がるとガスは抜けていました。こんなコンディションの中楽しかったのは水無ゲレンデ。子供にとってもきつすぎず、それなりにスピードが出るちょうどよい斜度。トリプルで廻せるので、Aコース/Bコースを繰り返し滑っていました。今日は子供のモチベーションも高く(?)、毎回スピード競争。かなり高速トレーニングにはなった?

今回は残念ながら野沢のメインともいえるやまびこゲレンデは滑れなかったので、次回はぜひ行ってみたいですね。

※今シーズンは5/15まで営業するとのこと。上の平から上も4月下旬には再開するようです。

|

« 110305-06 てれまくり・雪乞い・さのさか | トップページ | 110326 小谷里山 »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/51342613

この記事へのトラックバック一覧です: 110319-21 野沢温泉:

« 110305-06 てれまくり・雪乞い・さのさか | トップページ | 110326 小谷里山 »