« 110328 蓮華温泉 | トップページ | 110330 白馬乗鞍北面 »

2011-04-27

110329 雪倉岳

Dscf0277_r

蓮華温泉ベースの定番。

結論から言うと、ザラメシーズンにもう一度。っていうところでしょうか。弱い気圧の谷と寒気流入のため、ばっちり快晴とはいきませんでした。

Dscf0252_r

まずは兵馬ノ平まで下り。今日はサンクラストでカリカリなんですが、パウダーだったら楽しそうなツリー。

Dscf0260_r

20分くらいの小さな登りをこなせば、いよいよ瀬戸川を渡って雪倉岳の取り付きです。川までは少し下ることになりますが、シールをつけたままで問題なし。谷は完全に埋まっていて、どこを行ってもOK。

Dscf0266_r

谷にはデブリもなく、広く快適な登り。沢の屈曲具合といい、上部の広がりといい、鑓温泉から大出原に抜ける沢とよく似ています。

Dscf0270_r

特に緊張するようなところも無く、上部の雪原へ。

Dscf0274_r

ガスと強風がイヤな感じ。しかも合わせたはずの高度計が100mほどずれていて(高く表示されていて)がっくり。何とか強風に耐えて登りきりましたが、タイトル画の写真を撮って即退散。

Dscf0278_r

作ってもらったお弁当を食べて天気を待ちます。カロリーメイトとか甘い行動食ばかりを食べていたせいか、梅おにぎりの酸っぱさと、漬物の塩辛さが殊のほか旨く感じられたなぁ。

Dscf0282_r

まぁまぁの視界になったところで滑走開始。最初はガリガリなわけで。

Dscf0292_r

少し下がって風の影響が落ち着いてくると、パックされながらもそこそこの雪質になりました。

Dscf0298_r

ここもパウダー8っぽいことができたかな。

Dscf0303_r

さて、だいぶ視界も回復してきました。

雪倉の滝の横の沢は結構楽しめました。ややクラスト気味ではあったけれど。この後、瀬戸川の登り返しまで来て天気が急変。吹雪のなか宿へ戻りました。

今日も温泉がありがたい。

|

« 110328 蓮華温泉 | トップページ | 110330 白馬乗鞍北面 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/51476851

この記事へのトラックバック一覧です: 110329 雪倉岳:

» 03/29雪倉 [POWDER]
蓮華温泉泊ツアー2日目、今日は雪倉岳を目指します。 [続きを読む]

受信: 2011-05-15 21:11

« 110328 蓮華温泉 | トップページ | 110330 白馬乗鞍北面 »