« 110416-17 たんばら・鹿ノ俣山 | トップページ | 110503 夫神岳 »

2011-05-30

110429-0502 志賀高原

Dscf0651_r

GWは行き先に迷ったのですが、志賀高原に来ました。

スキーにするか、登山にするか、自転車にするか、キャンプにするか...。結局すべてを楽しむプランを計画。今から考えるとちょっと無理があったと思いますが、4/28~5/2は志賀高原でスキー、5/2~5はキャンプで登山と自転車をやることにしました。

で、前半の志賀高原。いつもは熊の湯で滑るのが定番。それを今年は気分を変えて奥志賀にしました。空いていてのんびりできそうだし、付近の宿はスキーイン・スキーアウトができて便利そう。しかも、早朝営業もやっているらしい。

◆4月29日

初日は一の瀬の駐車場に止めて一の瀬・寺子屋・高天ヶ原エリアめぐり。東館山は残念ながら営業終了(雪は充分あったのですが...)。焼額も同じく終了。地震の影響で早めのクローズのようです。

Dscf0649_r

寺子屋から焼額方面。雪はたっぷり。

Dscf0652_r

朝は雪も締まっていて、スピードも出てさいこー。

Rimg6291_r

寺子屋のツリーなどを楽しみ、4時まで。

◆4月30日

2,3日前までは晴れる予報だったのに、はっきりしない天気。横手山から四十八池方面に出かけて、途中で雨にやられました。

Dscf0658_r2

平床のバス停の近くに車を置き、バスで横手山に上がって、四十八池経由で戻るプラン。

Dscf0668_r

ジャンボコースの途中からハイク開始。尾根伝いに草津峠へ。

Dscf0674_r

登り始めは薄曇だったのですが、にわかに黒い雲が...。急に風も吹いてきて、冷たい雨が...。空は明るくなったりするものの、先が読めなさそう。それに草津峠まで行ってしまうと、ゲレンデに戻るのも苦労するので撤退を決定。

Dscf0680_r

短いながら楽しいツリーを降りて、今シーズンは営業を終えたクィーンゲレンデへ。その後の土砂降りの酷かったこと。下の子は背負っていたので、ツェルトをポンチョのように被せてレストハウスへ急行。降りて正解でした。

◆5月1日

またまたはっきりしない天気。さらには強風でリフト運休。休養日決定。まずはグランフェニックス内にあるフェニックスのアウトレットショップでセール品をいくつか。それから中野市街まで下りて、洗濯と明日からのキャンプに備えて買出し。帰りはわくわくの湯に寄って。

◆5月2日

天候回復(黄砂はすごかったですが)。午前券で1時まで滑り倒し。

Dscf0687_r

なんとなく黄色い世界。

Dscf0693_r

キッズ林間コースは滑れないことはないものの、ところどころ穴が開いてルート取りがシビア。

Dscf0695_r

ツリーハウスは閉鎖中。夏には開けるんだろうか?

毎年このころになると思うのですが、もっとゲレンデも滑っておけばよかったなぁと。滑らないと下手になるし...。ハイシーズン中は山に入るのが優先になっちゃうからなぁ。滑るのって体力いるよね。

ところで、奥志賀の早朝営業ですが、おススメです!滑れるのは第一、第二、第三ゲレンデ。

Dscf0657_r

特にこの第二エキスパート。これだけの斜面を早朝滑れるのは、ここだけでしょう。しかも、熊の湯のようにレーシングキャンプなどに占有されることはありません。東向きの斜面なので、朝日が当たって気持ちがいいです。朝は日影がちになってしまう一の瀬ファミリーや高天ヶ原にはないメリット。しかも1000円とお得。来シーズンもぜひやってほしいなぁ。あ、リフトが高速なのもマル。

|

« 110416-17 たんばら・鹿ノ俣山 | トップページ | 110503 夫神岳 »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/51805213

この記事へのトラックバック一覧です: 110429-0502 志賀高原:

« 110416-17 たんばら・鹿ノ俣山 | トップページ | 110503 夫神岳 »