« インビス化本番 | トップページ | お別れ »

2012-01-21

120117 オグナほたか

P1030223_r

やっと初滑り。ニューギアのインプレなど。

なかなか始動できなかった2012シーズンですが、ようやく滑りに行ってきました。上の子と2人で行くのは初めて。上の子はほぼどの斜面でも下りられるようになったので、スキー場選びも斜面充実度重視。いろいろ迷った結果、まだ行ったことが無く、斜面も面白そうなオグナほたかにしました。

P1030219_r

当日は快晴。気温は低く、雪の状態も良好。武尊山の南東斜面にひらかれたスキー場ですが、標高が1200-1800mと高く、上越国境を越えてきたドライな雪が降るのでしょう。2,3日前に降った雪が、日照のある斜面でも腐っていませんでした。

で、火・木のサービスディに行くとリフト券がかなり安いです。ココの割引券で、大人1日券+食事券800円が2,900円。こんなんでやっていけるんでしょうか...。

P1030227_r

斜面構成としては、谷筋に広い緩斜面があり、そこに向けて両脇の尾根から中上級斜面が降りてくる形。さらに上部に細長く続く斜面と、尾根上を辿ってベースまで降りるロングコースが配置されています。全体の大きさとしてはそれほど大きくないですが、なかなか魅力的な斜面が多いですね。圧雪・非圧雪も分けられ、新雪があればかなり楽しめそう。コブ斜もあります。あとは、過去コースだったようなグレーゾーンがいくつかあり、これも滑らせてもらえるならもっと良いかな。

P1030226_r

圧雪はとても綺麗です。向こうに見えるのは、グレーゾーンな斜面。トラックいっぱい入ってましたけど。

P1030224_r

開始は8:30。子供の体力的に、まぁ午前中中心で午後ちょっと滑って帰る感じかな...と思っていたのですが、結局リフト終了まで。まぁ、よく滑ること。こちらがもう少し休みたいって思うぐらいでした。帰りの車では爆睡でしたが、思いっきり楽しめたようで何より。

で、大人の目的としては、新しい道具を使ってみたかったということもあり。今日試したのは全部で4アイテム。

P1030221_r

ゲレ板。ReIsm LA-F 173cm。

前作のLA-F(Classic)に比べて高速安定性・エッジホールド感は高まりましたね。長さもこのくらいあったほうが安定性がよいのかな。ギュインギュイン曲がるような俊敏さはあまりなく、しなやか・マイルドな乗り味。コブに入ると若干長さを感じる場面もありましたが、慣れの問題だと思います。板の長さを生かしてコブの衝撃を吸収できるような扱い方をしたほうがよいのかも。個人的にはもう少しエッジ角を立ててチューンするとちょうどよい気がしています。

ブーツ。Dynafit Titan Ultralight(アルペンソール)。

BDのQuadrantからは150gのウェイトアップ。まずはアルペンソールで使ったのですが、手持ちのアルペンブーツに近いフィーリング。ただ、こればっかりは1シーズンいろいろなシチュエーションで使ってみないと結論は出ないです。過去いくつかアルペンブーツライクな兼用靴を使ってみましたが、使いこんでいくとやっぱりアルペンとの違いを感じることもあったので。かなりタイトフィットなため、サーモインナーを成型するかシェルをいじってもらうかも。

P1030233_r

山板。DPS Wailer 105 178cm。

やっと手に入れたDPS。PureじゃなくてHybridのほう。それでも十分に軽い部類。長さは188cmと悩んだけれど、個人的にオールラウンドに使えるのはこのサイズかな。板の長さによる浮力のアドバンテージを感じるのは、緩斜面のディープパウダーぐらいなので。DPSのオールラウンドモデルに位置付けられているだけあって、圧雪でも普通にというか楽しく滑れます。残念ながら本職のパウダーは試せるだけの量が無かったので次回。荒れた不整地(やわらか目)でも問題なし。後述しますが、Radical FTとの相性も良いようです。

山ビンディング。 Dynafit Radical FT。

今回は登っていないので滑走時のみのインプレ。良いです。過去のTLTシリーズで気になっていた、テールが逃げてしまうような感覚はありません。これが金具の前後がつながっているFTだからなのかはわかりませんが、装備されているショックアブソーバー機能のON/OFFで板のたわみの違いが感じられるので、何らかの効果はありそうです。DPSとの組み合わせではショックアブソーバーONのほうが扱いやすく、OFFにするとターン時にややスムーズさに欠ける気がしました。ただ、これは板の特性や乗り手の体重や趣向に左右されるので、どちらか自分のフィーリングの良いほうにすればよいと思います。いずれにしても2段階で調整が効くのは良いことですね。

ブーツ。Dynafit Titan Ultralight(ATソール)。

今回は板と金具の相性も良かったせいか、アルペンの時とあまりフィーリングの違いは感じません。ソールを交換するのは、ネジが全部で20本あるのでちょっと面倒。トルク管理できる電ドラならいいのかな。

もうちょっと滑り込みたいな。

|

« インビス化本番 | トップページ | お別れ »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/53783655

この記事へのトラックバック一覧です: 120117 オグナほたか:

« インビス化本番 | トップページ | お別れ »