« 120318-20 日光沢温泉・鬼怒沼・丸沼 -第3日- | トップページ | 120408 土湯山・板敷山・高森山 -スキーツアー編- »

2012-04-12

120408 土湯山・板敷山・高森山 -アプローチ編-

P1030939_r

ブルートレインに乗って、東北の里山を滑ろう...

私はそんなに鉄分は多くないのですが、それでも小さいころは男の子らしく鉄道好きでした。そしてあこがれは何といってもブルートレイン。小学生のころ、勉強頑張ったら乗せてもらうという約束を親としたっけなぁ。勉強が頑張れなかった為か、未だにその約束が果たされていません。そうこうしているうちに、ブルトレはどんどん廃止になり、かつての面影を残す列車は、東京発では『あけぼの』ぐらいになってしまいました。そんなブルトレを使った山スキーツアーができないか?と考えたのがこのツアーの発端です。

ただ、乗るためだけにブルトレを使うのは美しくない。ブルトレである必然性が欲しい。そう考えた時に、夜行日帰りというプランを思いつきました。行きはブルトレ、帰りは新幹線を使うことで、ほぼ日帰りながら朝早くから夕方まで東北の山でたっぷり遊べます。

あけぼのは早朝に山形県を通過するので、県内で電車でアクセスできる山域をチェック。すると酒田から新庄を結ぶ陸羽西線が里山(出羽山地というのかな?)のすぐ脇を通っていること、さらには高屋駅が旧最上川スキー場(廃止)に直結していることがわかりました。そこで高屋駅ベースでツアーを思案しました。

旧スキー場を登りつめると土湯山があります。ただ、この山の往復だけだとすぐ終わってしまって物足りないので、さらに奥へ、板敷山、高森山という里山を経由して、隣の古口駅につなげることにしました。このあたりの山は、かつて松尾芭蕉の時代には『板敷越え』と呼ばれ、難所だった最上川の迂回ルートとして使われていたそうです。そんな歴史的背景もあると、ワクワクしてきますねぇ。

長~い前置きはこのくらいにして...

P1030895_r

はい、あこがれのブルトレ、あけぼのです。東北新幹線の新青森開通でいつ廃止になってもおかしくない状態です。まだ廃止は決まっていないけど、たくさんの撮り鉄の方々がいらっしゃいましたね。

P1030888_r

これが私の乗る車両、B寝台料金ながら個室です。

P1030898_r_2

まぁ、めちゃくちゃ狭いんですけどね。カプセルホテルみたい。出発までの間、駅のコンビニで夜食と、明日の朝食と昼食を購入してすっかり旅気分。狭い客室で荷物を整理しているうちに列車は動き出しました。

P1030901_r

狭いので、寝そべっているか、上半身を起こして足を投げ出しているかしか体勢がとれません。でも半分天井までかかっている大きな窓のおかげで眺めがよく、夜ながら都市部は車窓が楽しめました。

P1030905_r_2

みなかみ駅。4月だというのに、冬型の気圧配置で雪が積もってました。ここから上越国境を越えて雪がさらに増えたところまでは覚えてるんですけど、その後3時間ほど睡眠。寝過ごす夢を何度も見ました...。

P1030914_r

午前5時。酒田駅到着。ここで陸羽西線に乗り換えるんですが、50分待ち。暖かい待合室で朝食の弁当を食べながら過ごします。チキン弁当、やっぱり駅弁といったらこれ。微妙にあっさりめの唐揚げがおいしいんだなぁ。昔はポテトチップスが2枚ほど個別包装されて入っていたっけ。

しばらくして、乗るべき電車の入線のアナウンス。出発まで少し時間がありますが、乗車して待つことにしました。

P1030921_r

これに乗って高屋駅を目指します。ローカル線らしくディーゼルカー。乗客はさすがにまばら。定刻に出発。しばらくは薄らと雪の積もった庄内平野を走ります。

P1030927_r

平野部はほとんど雪が無くて、大丈夫かなと不安になったんですが、トンネルを抜けるたびに雪深くなり。

P1030936_r

高屋駅で降りたときには壁のようになっていました。問題ないでしょう。

P1030941_r

小さな駅舎の中で支度をします。と、しばらくして酒田行の列車が到着。

P1030944_r

そしてスキーの板を持った怪しげな男がホームに降り立ちました!偶然にも(嘘)、えむとらがやってきました。北紀行の途中で立ち寄ってくれました。

P1030952_r

午前7時。さぁて、出かけますかね。

|

« 120318-20 日光沢温泉・鬼怒沼・丸沼 -第3日- | トップページ | 120408 土湯山・板敷山・高森山 -スキーツアー編- »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/54456842

この記事へのトラックバック一覧です: 120408 土湯山・板敷山・高森山 -アプローチ編-:

« 120318-20 日光沢温泉・鬼怒沼・丸沼 -第3日- | トップページ | 120408 土湯山・板敷山・高森山 -スキーツアー編- »