« 121123-25 上野沼キャンプ場・つくばりんりんロード | トップページ | 130103-06 野沢温泉 »

2012-12-29

121228 尾瀬岩鞍・西山BC

P1060291_r

ようやく初滑り。

年末。何とか時間を作って滑りに来ることができた。ここ数年ファミリースキー以外でゲレンデを真面目に滑る機会がめっきり減ってしまったため、まずはゲレンデで滑って、気が向けば近くの山に入ることにした。

行先は尾瀬岩鞍。今年も西山エリアの奥は営業休止なのだが、やはり近場で面白いスキー場であることには変わりがない。昨シーズンは行かなかったし、もっと営業規模が縮小されては困るので、お金を落としに行きたかった。

今シーズンは他のエリア同様、片品界隈も雪が多い。道中、周囲の雪景色はハイシーズンと遜色ない。

P1060281_r_2

今日はいろいろ試すものがある。まずはやっと手に入れたブーツ、DynafitのVulcanだ。去年使っていた同社のTitan Ultralightに対してソールサイズが2cmも小さくなったので、トゥピース側にもう一対のインビスを打つはめになった。その具合を試す意味もある。さてこのセットでゲレンデでどのくらい使えるのか。

P1060288_r

天候は薄曇り。視界は良く、弱い日が射していた。午後には崩れる予報が出ている。本格的に降ってくるのは夕方とみて、午前中ゲレンデを滑り、お昼がてら近場の西山BCに出かけるプランとした。

P1060286_r

ゲレンデコンディションは、ピステンで踏まれているところはエッジの食いつきの良い圧雪で滑りやすい。朝一から滑り出したので、チャンピオンAは一番乗り。思いっきり飛ばすことができた。上の写真はエキスパート上部だが、ここは残飯パウダーというか、2,3日前の新雪にトラックが残っている状態で、そこそこ柔らかい雪と、ややクラストした扱いにくい雪のミックスだった。

P1060283_r

この写真は、ゴンドラ降り場から西山方面を見たもの。西山のぶなの木コースへアクセスするためには、この連絡路(登り)を300m歩かなければならない。そのため、ぶなの木コースはスキー客はまばらで、名物のコブ斜面は見る影もない。浅いラインらしきものが一本あるだけだった。

その他はリーゼンにアイシーなコブがあったりと、それなりに様々なコンディションで滑ることができた。3時間ほどでミルキーウェイとチャレンジコース以外は滑って、少々飽きてきたので山へ出かけることにした。ゲレンデから山の状態を見る限り、十分滑れそうな雪の量だ。

P1060294_r

ゴンドラ頂上からシールを付け、ぶなの木コースへの連絡路の途中から尾根筋に入っていく。スノーシューの古いトレースが一本残っている。雪は風で少し飛ばされてクラストしているが、細板(ウェスト81mm)にとっては踏み抜く硬さ、これが非常に疲れる。

P1060295_r

ブナの幼木帯を抜けると、武尊山がよく見える小ピークに到着する。ここから先は稜線付近が針葉樹林帯となる。

P1060300_r

反対側には燧ケ岳が遠く望むことができた。

P1060307_r

ちょうど1時間で西山山頂到着。頂上からは東~南東の展望がよい。日光白根山が見える。このころから雲が厚くなり寒くなってきた。風も少し出てきて、樹木から垂れ下がった小さいつらら同士がぶつかりあって、カランコロンとドアチャイムのような音を立てている。風を避けて適当な場所まで降りてからお昼ご飯にすることにした。

P1060304_r

BCではBlackDiamondのザックOutlawと、Dynafitのカーボンポールを試した。

P1060311_r

田代湿原方面からの尾根が合わさるあたりから、沢筋の斜面に入る。出だしはパウダーだったが、すぐにクラスト地帯に突入。とはいえ、板をコントロールできないほどではない。いい斜面だが、もう少し藪が埋まるともっと快適だろう。

P1060313_r

標高点1641m付近の平坦地まで降りてきた。ここでお昼。

P1060315_r

いつものセットでお湯を沸かす。寒いせいか、300mlのお湯を沸かすのに10分以上かかってしまった。今日のような寒々しい空の下では、固形燃料でチロチロやるよりも、ガスバーナーでガーッとやったほうが幸せになれるのかもしれない。

P1060320_r

帰りは営業休止中のゲレンデに合流する方が楽だ。しかし、ゲレンデを滑っている人から見える場所にトラックをつけるのも憚られたので、これまた営業休止中のレストランホルンの裏手から回り込むようにゲレンデに戻った。

日帰りではあったが、ゲレンデにBCと盛りだくさんな一日だった。新しい道具を試し、滑り・登りの感覚を取り戻すいい機会となった。

トラックデータ

Track_121228_r

◆本日のインプレ

・Dynafit Vulcan

硬いが、硬すぎることは無い。オーバーラップカフ型のブーツと比較してフレックスの粘りがないとも言われているが、そのようなことも感じなかった。十分しなやかだ。正直なところ、滑りに関しては大きな驚きは無い。言い換えれば、違和感なく普通にアルペンブーツ感覚で扱えるということ。

ハイクモードについては足首の可動域は十分大きい。ただ、モード切替に関しては少々癖がある。これはVulcanに限ったことではないが、滑走モードからハイクモードにするためには、最上部のバックルとベルトを完全に解放してやる必要がある。今までのブーツでは踵の切り替えレバーだけ済んだ場面でもひと手間かかることになる。

総じて満足度は高い。ゲレンデはこれとTLT金具でもよいと感じるぐらいだ。あとはもう少しロングツアーでの性能を試したい。

・BlackDiamond Outlaw

同社のMercury65で惚れたエルゴアクティブサスペンション目当てに購入したが、今のところその良さはわからない。それだけ体に馴染んでいるという意味かもしれないが、もう少し使ってみないと結論は出せない。

収納など機能に関しては申し分ない。必要なものはすべて揃っている。一点気になったのは、ハイドレーションポケットだ。背面パネルの厚みが薄いせいか、体を大きく動かしたときに、液体の動きが背中に伝わってくることがあった。だからといって何か問題になる訳ではないが、ちょっと気持ち悪い感覚ではある。

・Dynafit Broad Peak Carbon Pole

超軽量のキワモノとして買ったつもりだったが、使ってみて意外とインパクトが大きかった。滑っているときのスイングウェイトはいうまでもなく軽く、ゲレンデ用ポール並。驚いたのはハイク時の効果だ。スッと前にポールが出る。その場で重いポールと比較したわけでもないのに、体が覚えている感覚より軽いのはすぐにわかった。これはよい。登りで重要な支点がストレス無く確保できることは、疲労度低減にも役立つかもしれない。これもロングツアーで試したい。問題は耐久性だが、これは1シーズン使ってみないとわからない。

|

« 121123-25 上野沼キャンプ場・つくばりんりんロード | トップページ | 130103-06 野沢温泉 »

スキー(ゲレンデ+山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/56414993

この記事へのトラックバック一覧です: 121228 尾瀬岩鞍・西山BC:

« 121123-25 上野沼キャンプ場・つくばりんりんロード | トップページ | 130103-06 野沢温泉 »