« 130814 石鎚山 | トップページ | 130816 皿ヶ嶺 »

2013-09-01

130815 笠取山・大野ヶ原原生林

P1000379_r

緑風の峰。緑陰の森。

2日目は散歩の日とした。昨日は長距離移動の後の登山であったし、天気予報によれば大気の状態は不安定で、夕立が予想されていたからだ。そこで、事前にチェックしていた大川嶺と大野ヶ原の山をセットで楽しむことにした。

大川嶺は宿のある久万高原から南に位置する標高1500m前後の高原状の山だ。山麓は四国の山らしく急峻な地形を持つが、山頂部は隆起準平原の平坦面を形成している。山腹にはかつて美川スキー場があったが現在は休止中(廃止?)である。そのため、頂上付近までアクセス道路が付けられている。路面状態は良好で、自転車のヒルクライムにはもってこいの斜度。実際、久万高原ヒルクライムレースの舞台となっている。

P1000378_r

その林道を行けるところまで行ってみる。当初の大川嶺を過ぎ、周辺の最高峰である笠取山(1562m)の頂上直下まで来てしまった。何かの施設の跡地のようなところに車を停める。外へ出ると標高1500mとはいえ、灼熱。なにより周囲は一面の笹原。日光を遮るものがない。予定では大川嶺から笠取山へプチ縦走するつもりだったが、この暑さでその選択は無くなった。お手軽に笠取山往復に切り替える。

P1000387_r

わずか数十mで稜線。そこからは大川嶺方面の穏やかな峰々が望まれる。お手軽すぎるコースだが展望は抜群だ。ガイドブックにはこの周辺は冬にスキーで歩くのも良いとある。確かに笹が埋まってしまえば格好の山スキーフィールドになりそうだ。

大川嶺界隈はミツバツツジの群落でも有名だそうだ。

P1000393_r

パノラマ(クリックで拡大スクロール)

P1000410_r

草むらでギーギー鳴いているセミを発見。コエゾゼミ?キュウシュウエゾゼミ?両者は良く似ているらしい。オスは腹弁を見れば一目瞭然らしいが、この時はその区別方法を知らなかったのでよくわからなかった。

P1000415_r

背後に早くも活発な積乱雲登場。

P1000422_r_2

暑くてたまらないので、早々に下山。次なる目的地へ向かう。

Track_130815_2_r

笠取山のトラックデータ(短っ!)

笠取山から大野ヶ原へはまた狭い林道を抜ける。対向車のすれ違いも場所を選ぶような狭さだ。初日の石鎚公園線もそうだったが、山深い四国の林道はハードだ。スキー場もだいたいそんな林道の先にあるから、冬はさぞかし大変だろう。普通の雪国のスキー場よりもよっぽど覚悟がいるかもしれない。

大野ヶ原は四国カルストの山々(源氏ヶ駄馬)を仰ぎ見る平坦地である。その地形を生かして放牧がおこなわれている。ここまで来ると道はむしろしっかりとしており、快適なドライブコースだ。車も多い。そんな観光客の立ち寄りスポットとして、ミルク園(牧場の直売所)がある。この店の目の前から、目指す原生林への道が分かれる。

P1000430_r

源氏ヶ駄馬を望む(クリックで拡大スクロール)

道を車で行けるところまで行くと放牧地に突き当たり、見晴らしの良い駐車場がある。一応原生林を歩く人たちのための駐車場だが、車は一台も停まっていない。ちょうどベンチとテーブルがあったのでお昼にした。時折車が来るものの、降りて景色を一通り眺めると、みな短時間で戻って行った。

P1000441_r

切り拓かれた放牧地の向こうに黒々見える森が原生林だ。ここが開拓されていなかったら、一帯はあの森に覆われていたのだろうか?

P1000452_r

放牧地の中の作業道を下っていくと、まるでトンネルのような森の入口がある。

P1000457_r

開放的な放牧地からのギャップが激しい。どこでもドア並のワープ感だ。ヒンヤリした空気が心地よい。道はしっかり続いている。山の中腹につけられた道は山襞を縫うように水平に走っている。

P1000472_r

期待以上の森だった。目を見張るような巨木は無いが、ブナを主体として様々な樹種が混じっていて雰囲気がある。林床は笹で、比較的見通しがよい。比較的湿度も高いようで、コケや菌類も豊かだ。ロクショウグサレキンによって鮮やかな青緑に染まった枯れ枝をいくつも見かけた。

P1000476_r

ブナについての説明板が数か所に設置されている。比較的新しい。水源の森として積極的に保護活動をおこなっているようだ。行動中にもサワガニやイモリを見かけたから、それだけ保水性の高い森なのだろう。

P1000487_r

ここのブナの特徴は、樹皮に黒々とした苔を纏っている。これもまた湿度の高い証左か。

P1000505_r

道は小屋山(1343mのピーク)へ続くコルで行き止まりということになっている。実際にはまだ踏み跡は先に続いているが、時間も遅いので引き返すことにした。ザックを降ろして一服しようとしたところで、ついに雨が降ってきた。大粒の雨にたまらず、雨具を用意して歩き始める。

P1000508_r

雨(雲?)で霞んだ森を雨音を聞きながら歩くのは実に気持ちがいい。雷も鳴っているが、対地雷ではなく、雲間雷のようだ。しばらくして地面が濡れてくると、イモリがあちこちから這い出てきた。2,3歩に1匹ぐらいの頻度で見つかる。背中が黒いので注意していないと踏んでしまいそうだった。

P1000510_r

放牧地に出る頃には雨も弱まり、雷も遠ざかっていたので助かった。

Track_130815_r

トラックデータ(大野ヶ原原生林)

午前と午後で好対照な山散歩を楽しめた1日だった。

|

« 130814 石鎚山 | トップページ | 130816 皿ヶ嶺 »

夏山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/58103592

この記事へのトラックバック一覧です: 130815 笠取山・大野ヶ原原生林:

« 130814 石鎚山 | トップページ | 130816 皿ヶ嶺 »