« 130929 都留里山 | トップページ | 131109 小湊鉄道サイクリング »

2013-10-14

131014 徳島堰・釜無川サイクリング

P1020037_r

甲斐路サイクリング

この夏シーズンは通勤以外で自転車に乗れていない。せっかく買った2人乗りチャイルドトレーラーもしばらく使っていない。そんなわけでこの秋はハイキングよりもサイクリングに重点を置こうと考えていた。10月に入り、ようやく暑さも収まってきたところで、サイクリングの計画を立てる。長男は自力走行させるのだが、そうなるとプランにいろいろ制約がつく。

  • 平坦であること…シングルギアなので坂を登らせるのはキツい
  • 短すぎず長すぎず…30~40キロがベスト
  • コースが単調でないこと…子供は飽きるのが早い
  • 途中で遊べる公園があること…お昼が食べられてトイレがあって走りまわれるところ
  • 車通りが少ないこと…サイクリングロードがベスト

これらの条件を満たすのはなかなか難しい。平坦なサイクリングロードというと河川の堤防を走る自転車道を思い浮かべるが、総じて単調で飽きてくる。しかし他の選択肢も中々思い浮かばないので、大きな河川を頼りに走れそうなコースを探してみる。

そこそこ近いところで山梨県をあたってみると、長距離のサイクリングロードがいくつか整備されていることが分かった。今回は、そのひとつである釜無川サイクリングロードを選んだ。理由は電車を効率的に使えるからだ。中央本線の穴山駅をスタートし、釜無川沿いを身延線の市川大門駅まで走る。帰りは甲府で電車を乗り継いで戻る。コースの途中にはいくつか公園もあって休めそうだ。

P1010999_r

穴山駅。無人だが、整備の行き届いた駅舎があった。すぐ横に無料駐車場があり、ありがたく利用させていただく。

P1020003_r

穴山駅は八ヶ岳へと続く台地の上にあって、釜無川へは河岸段丘の壁を一気に降りる。降りた場所が国道20号の穴山橋際で、橋を渡るとすぐサイクリングロードが始まる。しかし、すぐにはサイクリングロードには乗らず、釜無川の対岸山腹につけられた徳島堰という水路に沿った道を行くことにした。

徳島堰とは江戸時代につくられた現役の農業用用水路で、釜無川から取水し、約17キロにわたって右岸山腹を走り、周囲一帯の田畑に水を供給している。何でも日本三大堰のひとつらしい。地図を見ると、この堰に沿うようにずっと道が付けられている。田畑や集落を縫っていく道はきっと走って楽しいに違いないと思った。

P1020008_r

徳島堰沿いの道に出る。車道だがほとんど車は通らない。水路沿いなので坂も無く、まさに自転車で走るには最適な道だ。水路は昭和に入ってから改修されているため、味気ないコンクリート壁となっているが、それでもほぼ同じ道程を350年もの間、この地域の生命線として働き続けているのだら感慨深い。

P1020017_r

水路は周辺の集落や田畑を潤すためにあるため、当然ながら、集落を見下ろす少し高いところを走る。ちょうど山林との境界線だ。ということで、終始眺めがいい。

P1020022_r

このあたりの稲刈りは終わってしまっていたが、ここに実った稲が一面に広がっていたら、さぞかし美しいんだろうなと思う。

P1020032_r

空は大きく、茅ヶ岳など対岸の山もよく見える。こういう高すぎない丘の上に居を構えてみたい。そんな思いを強くさせる景観。

徳島堰は最終的に南アルプス市まで流れていく。そこまで追っていくと釜無川から離れすぎてしまうので、御勅使川に当たる手前で離脱。扇状地を一気に下って行く。

P1020034_r

双田橋で釜無川に復帰。さすがに川幅が広くなっている。この先、信玄橋を左岸に渡ると、信玄堤公園に到着する。

P1020053_r

信玄堤とはその名の通り、武田信玄が釜無川の洪水被害を防ぐために築いた堤防だ。その堤防沿いが公園として整備されている。ここはお昼休憩にと目をつけていたところ。遊具等は無いが、広大な芝生と、大きなケヤキの木陰が気持ちがよい。特に芝生はゆるやかなスロープ状になっている場所も多く、次男は持ってきたストライダーで楽しそうに遊んでいた。

P1020051_r

この緑の土手が信玄堤の本体。

P1020058_r

三角形の櫓のようなものは聖牛というもので、水流を弱める働きがあるらしい。現代でいうテトラポットのようなものか。

P1020064_r

木陰でお昼をいただく。ずっとここで遊んでいたかったけれど、ゴールまであと16キロ。頑張りますか。

P1020074_r

信玄堤公園から下流はサイクリングロードを忠実に辿る。しばらくは公園内の道。雑木林の中の道は変化があって楽しい。信玄堤公園はBBQ(というか火気)禁止だったが、こちらはOKなようで、広場でBBQしているグループあり。

P1020081_r

釜無川スポーツ公園を過ぎると、あとは河川敷や堤防上のサイクリングロードになる。今まで変化のある道を楽しんできたので、その単調さもまた新鮮。川幅も広く視界が開けているので、これで周囲の山々が見渡せると最高だろう。冬晴れの日なんか良さそうだけど、風は強そう。

P1020098_r

それでも、道の単調さに少し飽きてきたところで見つけた公園にピットイン。芝生の広場には遊具もあり、少し遊ぶ。後で調べたら、遊・湯ふれあい公園というところだった。休日のだったが、公園にほとんど人はいない。施設は営業してるらしいので、みなさん温泉か。

P1020125_r

その後も堤防上を行く。しかし段々と両サイドの山並みが迫ってくる。釜無川が笛吹川と合流して富士川となるのも近い。つまり、ゴールも近い。

P1020137_r

三郡西橋で2つの河川をまとめて渡る。

P1020139_r

少し市街地を走り、市川大門駅到着!何故か中華風の駅舎。走行距離はぴったり40キロだった。ほぼ平坦路、長男も余裕だった模様。

P1020150_r

まずは身延線で甲府へ。これが思った以上に乗客が多い。車内は半分ボックスシートのため、チャイルドキャリアを持ちこむとドア付近から身動きがとれない。しかもワンマン運転で、殆どの駅では同じドアから乗ってくる。なるべく端に寄ったが、みなさんには迷惑をかけてしまった。やはり2人乗りはでかい。

P1020153_r

かたや甲府駅からの中央本線はガラガラ。そういえば最近こういう窓の開閉機構見ないな。懐かしくて写真を撮ってしまった。

P1020158_r

穴山駅到着!おつかれさまでした。

Track_131014_r

最後にトラックデータ。前半田舎道、後半河川サイクリングロードで変化がつけられて良かった。自転車の走りやすい道というとサイクリングロードを探してしまうが、知らない土地の田舎道もいい。それが歴史のある道であることも多く、見どころがあったりで楽しめる。そんな道をまた開拓したいと思う。

|

« 130929 都留里山 | トップページ | 131109 小湊鉄道サイクリング »

自転車(ツアー)」カテゴリの記事

コメント

おー、そこかー。
この前、甘利山に行った時横切ったわ。
ってそれだけなんだけど。

旧東海道とかにもいいとこあるかも。

投稿: えむとら | 2014-01-11 23:52

ども!

甘利山からの夜景はすごいらしいね。盆地を見下ろす展望台のような位置だもんね。

確かに旧街道沿いは何かありそう。歩きやすいところ(つまり平坦)を通ってそうだし。

投稿: ritz | 2014-01-12 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 131014 徳島堰・釜無川サイクリング:

« 130929 都留里山 | トップページ | 131109 小湊鉄道サイクリング »