« 140209-11 たざわ湖 | トップページ | 140308 栂池高原 (てれまくり) »

2014-03-02

140302 上越国際

Dsc00769_r

悪天を避けたつもりだったが...。

この日は関東近郊は予報が悪く、どこへ行くか悩んだ。子連れには悪天は辛い。多少雪のコンディションが悪かろうが、晴天ならばよいが、雨とかガスとか強風は勘弁してほしい。天気分布を見る限り、新潟のほうがマシのようだった。そんなわけで、まだ行ったことのない上越国際へ。

上越国際は広いが、斜面的に当間エリアが楽しめるだろうということで、関越道を降りてからトンネルを抜けて十日町側に出た。

Dsc04788_r

当間は確かに良かった。標高の低い里山の雰囲気の中、長い緩斜面は安心して子供を滑らせることが出来る。晴れてればもっと印象は良かったかもしれない。

が、少し標高を上げるとガスガスなのであった。広いエリアの上越国際のこと、あちこち動き回ってみるが、どこもあまり変わらなかった。とはいっても基本的に滑るのには支障ない程度だが。

Dsc00766_r

それから、乗るだけリフト(移動するためだけに乗るリフト)が多いのも上越国際の特徴。乗り継ぎの多さに子供達からもクレーム。まぁ、仕方がない。結局、当間⇒パノラマ⇒美奈⇒大別当⇒大沢⇒当間とぐるり一周することになった。当間以外はほぼ通過しただけだが、それでもいい時間になる。

表玄関に近づくと、一気に人が増える。やはり関越でアクセスの良いメジャースキー場ともなれば、人は集まるのだ。エリアは広い割にコース幅はそれほどでもないので、人が多いと滑るのにちょっと気を遣う感じだった。

ガスとともに、なんとなくモヤモヤとした1日だった。もう一度行くかと聞かれれば、まぁ天気の良い平日なら、かな。

|

« 140209-11 たざわ湖 | トップページ | 140308 栂池高原 (てれまくり) »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/59465258

この記事へのトラックバック一覧です: 140302 上越国際:

« 140209-11 たざわ湖 | トップページ | 140308 栂池高原 (てれまくり) »