« 140308 栂池高原 (てれまくり) | トップページ | 140314 富士見パノラマ »

2014-03-09

140309 真木

Dsc00066_r

雪に閉ざされた集落へ散策。

スズキさんの要望で真木集落へ。真木は歩いてしか行くことのできない集落で、僕も訪れるのは初めて。滑り要素はほとんど無いと思われ、道具の選択に迷う。集落は平坦だがアプローチに急峻な地形が多く、安全をとってプラテレ(板はVector BC)にした。

Dsc00027_r

南小谷駅の少し白馬よりから小道に入り、少し登ったところから入山。基本的には登山道に沿って登る。最初ウロコでチャレンジしたものの、日影なので雪が硬くて早々に断念。シール歩行に切り替える。昨日入山したと思われるワカンの跡があった。集落の人だろうか。

Dsc00037_r

植林帯の登りが続く。登山道を外れると意外と雪が柔らかく深い。ショートカットするのも疲れるので、登山道を忠実にトレースしていく。しばらく歩くと集落の住民とすれ違う。今日は天気がいいので、下界へ買い物だろうか?その後もあと1人の方とすれ違った。

Dsc00040_r

歩き始めて1時間ほどで峠に到着した。あとは一旦下り、沢を渡って少し登れば集落に到着するはずだ。滑る準備をしていると、犬を連れて散歩しに来た人が追い付いてきた。ここに来ることを日課にしているらしい。犬は人懐こく、僕らが滑り始めてしばらくの間追いかけてきた。かなり深追いしてきていたが、ちゃんと戻れただろうか?

Dsc00048_r

地図だと分かりにくいが、橋を2本目渡る。これは1本目。ここから2本目の橋へは小尾根を乗越す。橋が1本だと勘違いしていた僕らはシールを付けて登ったが、ウロコなら必要なかった。

Dsc00051_r

小尾根を越えると急斜面をトラバースしながら沢底へ降りていく。崩壊地の下を通るような場所もあった。大雪や大雨の直後はあまり歩きたくない所だ。スキーならあっという間だが、ワカンでラッセルはきつそうだ。

Dsc00053_r

2本目の橋。橋を渡った先で日が当たるようになったので、ウロコでトライするも、まだ雪が硬かった。

Dsc00057_r

登りはすぐに終わり、集落の入口に到達。雪に埋もれた田畑と家屋が見えてきた。

Dsc00061_r

背後にそびえるのは黒鼻山。確かにそんな形容が似合う山容をしている。黒鼻山を含む東山山系はいつか滑ってみたい山域だ。

Dsc00064_r

そして振り返れば白馬三山。もし真木がこのような展望のない山間部だったら、昔の人はここに居着いただろうか?急峻な地形の多いこの界隈において、耕作に向いた貴重な平坦地というのが一番の理由だとは思うが、この景色が少なからず影響しているような気がする。ただいい景色だというだけでなく、天気や季節を知る手段としても遠くの山が見渡せることは、生活するためには重要だったのではないだろうか。

Dsc00072_r

集落には、昔からの姿がそのままな茅葺の家屋と、最近改装された家屋が混在して建っている。それぞれちゃんと使われているようで、手入れされている。地理的には下界と隔絶されているが、電気は来ていて、おそらく電話も通じている(道中NTTのケーブル標識があった)。そして何よりdocomoはLTE圏内なのであった。一番大変なのは郵便や宅配便だろう。局留めで取りに行くのだろうか?

Dsc00076_r

しばらく集落を歩き回った後、奥の田畑に向かって歩みを進める。その先は藪か密林か。特に目的地を決めずに歩く。

Dsc00081_r

植林地が多いが、ところどころ自然林も出てくる。これといって特徴のある林でも無く、地形も平坦であまり変化がない。どこをゴールにするか決めかねてしまった。

Dsc00084_r

それでもようやく大きな沢筋が望まれるところまで来た。ここから上に行くは沢の中を歩くことになるので、ここをゴールとした。沢の上部にはオープンな急斜面がある。思いっきりアバランチパスな地形だ。

樹林帯に戻りお昼休憩。帰りはただ戻るのも面白くないので、少しトラバースして良さそうな斜面を狙う。

Dsc00089_r

短くではあるが、一応ターンは描けた。雪も日影はまだ柔らかかった。日当たりのよい平地はベタ雪。そのギャップが激しかった。

Dsc00092_r

集落に戻る。立派な面構えの家。雪の重みで戸まわりに何となく歪が出ているようにも見えるが、それも味わいか。力強くしっかりと建っている様は、大きく根を張った大木のようでもある。

帰りの峠への登りはわずか。最後の植林帯は思いのほか雪が良かった。急斜面かつ樹間の狭いツリーながら、僕のテレマークでも十分楽しめた。登山道滑降を覚悟していたので嬉しい誤算。旅を楽しくしめくくることができた。

Track_140309_r

本日のトラックデータ(データを消してしまったので手書き)。

|

« 140308 栂池高原 (てれまくり) | トップページ | 140314 富士見パノラマ »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

真木集落かー。あれ、ritzは初めてなんだっけ。IWAさんは行ってたから一緒に行ったかと思ってた。あ、あれは自転車だったかも。

展望もあるなら、一度訪れてみたいな。

投稿: えむとら | 2014-04-17 23:22

ども!

スズキさんにも同じこと言われた。
いやー、行ってないと思うよ。記憶が消されてなければ。bleah

投稿: ritz | 2014-04-18 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/59476854

この記事へのトラックバック一覧です: 140309 真木:

« 140308 栂池高原 (てれまくり) | トップページ | 140314 富士見パノラマ »