« 140309 真木 | トップページ | 140316 イエティ »

2014-03-14

140314 富士見パノラマ

Dsc00105_r

カリカリのちザクザク。

富士見パノラマに来るのはいつ以来だろうか?いつも中央道を運転しながら視界には入っていたが、なかなか訪れる機会が無かった。アクセスが良くて標高差のあるコースをゴンドラで効率よくリピートできるのがここのウリだが、最近はそういうことを求めるスタイルではなかったので縁遠くなっていた。しかし、練習環境としては申し分ない。少し早く上がれば夕方からの用事に十分間に合うということで、休みが取れた日にテレ練目的で行ってみることにした。

Dsc00099_r

ふじパラのもう一つのウリ(というか特徴?)は硬い雪。今日も例外なく硬く、しばらく緩みそうにない。いきなりゴンドラで回すのはキツそうなので、まずは麓のペアリフトで滑る。まぁ、テレにとっては十分硬い。Vector BCはちょっと太すぎたか。それにしてもふじパラでペアリフトに乗るのは初めてかもしれない。

『シリウス』ペアリフトは、メインコースの急斜面が終わったところが降り場なので、練習するにはちょうどよい。雪がガリガリだろうと、緩斜面ならそれなりに滑れるようになってきた。まぁ、プラブーツということもあるが。

Dsc00104_r

少し雪が緩んできたことを感じ、ゴンドラに乗ってみる。しかし山の上の方はこのように曇天で、斜面の向きは北寄りでカリカリ。プラテレでも流されまくる。自分でコントロールできるズレ方ならいいが、堪えきれずに流されていくのは面白くない。それはポジションが正しくない証でもある。急斜面・硬い雪が今後の課題になりそうだ。

結局最後まで上部は緩むことは無かった。それに比べて下部はザラメに変わって快適。斜面の斜度と向きが変わるところでいきなり雪質変化するのが印象的だった。

Dsc00106_r

ふじパラは人工降雪が主なスキー場だが、ことしは2度の大雪で積雪十分。数日営業を休止したぐらいの積雪だったらしい。普段なら雪の少ないコース外も普通のスキー場並に雪があった。

Dsc00108_r

ゴンドラ頂上部からは入笠山へ入山できる。時間があれば少し歩いてみたかった。夏に歩いたコースをクロカンでトレースするのもいいかもしれない。降雪直後のピーカンを狙いたいところ。今日のようなカリカリでは山もツラそうだから。

硬い雪は練習にはなる。今日はやられまくりだったが、よい刺激になった。このスキー場をベースとして活動するテレマークスキースクールがあるようなので、次回はそこにお世話になろうか。きっと硬い雪で思う存分練習させてもらえるはず。

今日はホワイトデー、帰りは八ヶ岳パイ工房に立ち寄る。アップルパイもおいしかったが、自分用に買ったいちごのミルフィーユが絶品だった。

|

« 140309 真木 | トップページ | 140316 イエティ »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/59482572

この記事へのトラックバック一覧です: 140314 富士見パノラマ:

« 140309 真木 | トップページ | 140316 イエティ »