« 140316 イエティ | トップページ | 140328 イエティ (3pin革テレデビュー) »

2014-03-21

140321-23 白馬さのさか・栂池高原

Dsc00120_r

鐘の鳴る丘三昧。そしてビンソンとの出会い(脈絡なし)。

ファミリー+友人2人で白馬へ。写真が全くないが、初日はさのさかだった。久しぶりに強い寒気が入り、恵みの雪。というかかなりの大雪だった。トップの標高が低く、地形的に風が弱いと見込んでの選択。国道沿いの駐車場ではなく、初めて青木湖側の駐車場へ行ってみた。国道から外れるとラッセル走行となり、駐車場は全く除雪されずにどこに停めてよいかわからないぐらいだった。

当然スキー場は全面パウダーで、しかも降り続けているのでずっと雪が柔らかい。ちょっと降りすぎなくらいで、子供達にとっては辛かったかもしれない。そんな中でも次男だけはひとり気を吐いて、ニューパラダイスゲレンデの新雪に埋もれたコブ斜面に果敢にアタックしていた。

Dsc00121_r

そして翌朝。降雪後のピーカン!宿はびわくぼさん。目の前は親の原ゲレンデなのでとても便利。いきなり板を履いてスタートできる。

Dsc00122_r

朝イチのベースのリフトは前時代的に混んでいたが、広いゲレンデに散らばってしまえば待ちは皆無。普段はあまり滑ることのない、丸山ゲレンデ・鐘の鳴る丘ゲレンデを滑りまくる。あそこまで幅の広いゲレンデはなかなか無い。距離も長いので結構楽しい。あの広大な斜面を圧雪するのは大変だろうな。綺麗に何十列(もしかしたら100列以上あるのかも)に並んだ圧雪車のトラックを見て思った。

3連休中日ということもあり、この日は珍しく松沢集落から架かるリフトが動いていた。一番下まで降りてみる。それにしてもこのリフトの長いこと。高速でない普通のペアリフトで1100mとは凄い。暖かかったので眠たくなってしまった。

Dsc00127_r

雪崩の危険性でクローズしていた林間コースも最終日には開通した。子供のためにと思って行ってみたものの、スピードが出なくてクレーム発生。そろそろこういうコースは卒業か。

初日は戻り冬のパウダー、2日目以降はザ・春スキーで栂池の幅広斜面を堪能したギャップのある3日間だった。

で、何の脈絡も無いのだが、テレ革靴の名機、ビンソンを手に入れた。

Vinson_r

立ち寄った物欲の館で獲たもの。今シーズンはBCクロカンを導入したが、まだクロカンに乗りきれていないことや、クロカンはコンディションを選ぶということもあり、プラテレとクロカンの間を埋めるものが欲しかったのだ。

ビンソンという名前は聞いてはいたし、得た情報によると結構滑り向きらしい。歩行性能はクロカンブーツに敵わないだろうが、アプローチシューズとしてもそれなりに使えるだろうと考えていた。そして物欲の館にワンサイズだけ、しかも僕のサイズの在庫があることは知っていた。

ビンソンは来シーズンに復活するらしいが、今シーズン予定している歩き系ツアーに使えるかもしれないという期待もあった。そこで、まだ在庫があり、試し履きして合いそうなら買おうと思っていたところ、その通りになったのだった。

|

« 140316 イエティ | トップページ | 140328 イエティ (3pin革テレデビュー) »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/59487569

この記事へのトラックバック一覧です: 140321-23 白馬さのさか・栂池高原:

« 140316 イエティ | トップページ | 140328 イエティ (3pin革テレデビュー) »