« 140503-06 鉢山周回・志賀高原 | トップページ | 140617 BCクロカン富士山チャレンジ »

2014-06-07

140607-08 乗鞍納会

Dsc01501_r

恒例行事。

このところ7月まで滑っているので真の意味では違うのだが、それはそれ。恒例の納会に行ってきた。メンバーはスズキさん、タベイさん、シマモトさん、マツモトさん、えむとら、僕。しんちゃんは後で合流とのこと。梅雨の季節の割にあまり降られたことが無かったが、今日はしっかりと本降り。すっかり滑る気を無くして観光センターの駐車場でダラダラと。

それじゃ早速宴会でもするかと考えていたら、いつも基地にしていた川沿いの駐車場の列が完全封鎖。オートキャンプ対策らしい。仕方ないので三本滝に移動して、建物の軒先で雨宿りしながらジンギスカンを敢行。お腹もいっぱいになったところで雨も上がってきた。

Dsc01440_r

で、やっぱりみんな滑り好き。12:05発のバスに乗って滑りに行くことに。こんな遅いバスに乗るのは初めてだ。以前よりバスの本数が増えて便利になった。

Dsc01441_r

僕はBCクロカンで。ガタガタの雪渓でどこまで滑れるのかが課題。

Dsc01442_r

と思ったら上手がいた。マツモトさんはノーエッジの純クロカン装備、ウロコすらついてない。さすがだ。

Dsc01448_r

大雪渓に上がってみると、上部がガスがかかっているものの、まずまずの視界。何より雪が柔らかくて縦溝もほとんど無い。これは助かった。シール無し(そもそも持ってきてない)でサクサク登れる。

Dsc01452_r

ノーエッジクロカンでも半分階段登行のスタイルでガシガシ登ってくるマツモトさん。

Dsc01456_r_2

どうせならと、結局剣ヶ峰まで。ガスで視界なし。しばしの休憩のあと、蚕玉岳との鞍部からエコーラインにダイレクトに落とすことに。

Dsc01461_r

晴れ待ちしていると、奇跡的に下界が見えてきた。好機を逃さずドロップ。

Dsc01464_r

雲海を見ながら爽快な斜面。クロカンにとってはチャレンジングな斜度だが、今日の緩んだ雪なら問題ない。それでも少しビビりながら降りて行く。それなりの山でクロカンを使うのは初めてなので、1ターン毎に充実感を噛みしめながら。

Dsc01477_r

それぞれの滑りを楽しむ。途中で乗鞍大雪渓Webの管理人さんとも少し話をした。すぐれない天気のせいで、入山している人は30人ぐらいだったようだ。

Dsc01483_r

エコーラインまで下って振り返る。まったく良いタイミングで晴れてくれた。滑り降りた後、上部はまたガスに包まれたのだった。この後、位ヶ原山荘までガタガタのデザートを頂き三本滝へ。

新しくなった湯けむり館にがっかりした後、夜の焼肉へと突入した。

Dsc01494_r

翌朝。予報は芳しくないが青空も覗いている。遅れて合流したしんちゃんとエコーラインヒルクライム。僕は滑るつもりなのでクロカン搭載で。装備が軽いせいか、それほど苦なく登っていける。フラットペダルにすれば、クロカンブーツを履いてさらに身軽に出来そうだ。

Dsc01499_r

位ヶ原山荘到着。そのまま自転車で登るしんちゃんを見送り、ここからスキーで登る。

Dsc01505_r

特に目的地は決めていなかったが、滑った記憶が無く、雪面がきれいに見えた鶴の沢方面へ。登りはじめは少し藪がうるさい。

Dsc01513_r

藪を抜ければきれいな雪渓。雪のコンディションは良い。位置的にこの時期に滑る人はあまり居ないのか、トラックはほとんど無かった。

Dsc01518_r

登りつめると県境。鶴ヶ池がきれいに見えたが、すぐガスの中に。昨日に引き続いて晴れ待ちとなった。

Dsc01528_r

そして晴れたタイミングでドロップ。多少荒れている箇所もあったが、概ね快適。良さそうな場所を選んで滑る。位ヶ原山荘まであっという間だった。

Dsc01538_r

あとは爽快な自転車ダウンヒル。ガタガタコンクリート舗装も無くなって、ロードでも楽しく下れる。

Dsc01539_r

初夏のスキー場に到着。

この時期になってBCクロカンがさらに楽しくなってきた。滑り足りない思いを新たにした納会となった。

|

« 140503-06 鉢山周回・志賀高原 | トップページ | 140617 BCクロカン富士山チャレンジ »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/60643731

この記事へのトラックバック一覧です: 140607-08 乗鞍納会:

« 140503-06 鉢山周回・志賀高原 | トップページ | 140617 BCクロカン富士山チャレンジ »