« 150110-12 会津高畑 | トップページ | 150125-26 大高山 -第2日- »

2015-01-25

150125-26 大高山 -第1日-

Dsc01924_r

奥上州のマイナー名山の懐でテン泊ツアー。

個人的に何故か魅かれる大高山。決して滑り系の山ではないが、何となくその懐の深い山域にどっぷりと浸かってみたかった。冬に訪れるのは2回目。前回は偵察を兼ねて日帰りで一ツ石までだった。今回は少しルートを変えて、テン泊地となる天狗平にダイレクトに登り上げる計画だ。

Dsc01874_r

午前6時、白根開善学校奥の除雪終点に駐車し、林道を歩く。夏道登山口まで約3キロ/標高差200m。特に危険個所は無く、淡々と歩く。

Dsc01875_r

雪は2日前に積もったと思われる新雪が5センチ程度。下地はしっかりしているので歩きやすい。

Dsc01877_r

暫く歩くとモルゲンロートの浅間山。あちらはよく晴れているが、ここの上空はまだ雲が残っている。予報によれば回復傾向であり、どのタイミングで晴れてくるかが気になった。あまり早く晴れてしまうと、南斜面が多いこのルートでは雪の腐ってしまう可能性がある。

Dsc01880_r

1時間半ほどで林道終点=登山口。大高山の名前は無い。赤石山はほぼ志賀高原の山だ。いつかここから志賀に抜けるツアーもやってみたい。

Dsc01882_r

今日のパートナーはえむとら。例によって宴会用品でパンパンになったザックで登場。さて、満足いただけるような斜面はあるのだろうか?

林道終点から先、廃道となった路盤を歩く。今年は雪が多く、クマザサも埋まって歩きやすい。さらには、前回行く手を阻んだ藪斜面も、雪が積もって何の問題も無くトラバースできた。核心と思っていたミドノ沢を渡渉地点はやや急斜面だったが、流れは出ておらず、あっけなく通過。

Dsc01895_r

天狗平へダイレクトに登り上げる尾根に乗ればいたって平和。最初は明るい落葉松林。そろそろ日が射すようになった。

Dsc01896_r

雪は軽い。まだパウダーとして楽しめそうだ。今日の相棒はVoile Charger BC。細板とどちらにするか悩んだ末の選択。本格的なツアーでは初使用。どんな対応力を見せてくれるだろうか?

Dsc01912_r

斜度がやや急な混成林を抜けると気持ちの良いプチオープン斜面に出た。たまらず一本滑る。思いっきり日射を浴びていたが、まだ賞味期限内。シルキーな雪だった。

Dsc01919_r

ここは見晴らしも良く、おいしそうな対斜面が見える。思ったよりも滑るところがありそうだ。

Dsc01927_r

さらに高度を上げると、風の影響を受けた木々が増えてきた。県境の2000m級の峰々からは一段下がる位置だが、そこは日本の脊梁山脈。冬の季節風は相当なものなのだろう。

Dsc01931_r

そして風下側にはこんな滑り頃の斜面が。GPSにマークして一旦は先に進んだものの、天狗平に行く前に滑っておくべきと判断。引き換えして、えむとらの到着を待った。

Dsc01935_r

そして一本。まずまずの雪質。さすがに日射の影響は避けられないが、それなりに気持ちよく滑ることができた。

Dsc01942_r

へっぽこテレでも問題なし。標高差150mぐらい落として登り返し。

Dsc01947_r

天狗平へは軽い密林系。

Dsc01953_r

そして雪原に出た。は一面膝丈の笹だったところだ。その笹が薄く露出している場所もあり、積雪が薄いことがうかがわれる。地形的には小高山(1937mピーク)が風よけになってくれそうなものだが、雪面の風紋を見る限り、西よりの季節風は西南西の開けた方角から回り込んでくるようだ。

Dsc01961_r

早速、雪原を見下ろす小高い林の突端に居を構える。今日は大して登っていないのに、怠くて力が出ない。汗冷えがひどく、軽く低体温症になっていたかもしれない。化繊の上にウールを重ね着するという誤ったレイヤリングが良くなかったと思われる(一度やって同じような目にあったことを忘れていた)。

しばらくポカポカのテント内で休んでいるうちに快復し、ウロコ散歩をしてみる。場所を選ぶと吹き溜まった新雪があった。

_img1431_r

(Photo by えむとら)

_img1453_r

(Photo by えむとら)

Dsc01977_r

お気に入りの丘。3本ほど滑る。

Dsc01985_r

雪原対岸からのテン場の眺め。

計10本ぐらい滑っただろうか。やはりウロコ遊びは楽しい。そしてせいぜい5センチ程度の薄皮パウダーにもかかわらず、Charger BCのセンター110mmとは思えない滑りやすさに驚く。登坂性能は言うまでもない。

この板以外にセンター94mmのVector BCも所有しているが、山で使うのなら、Charger BCのほうがシアワセになれるだろう。やはり、パウダーや悪雪に対しての強さが違う。一方、硬い雪ではウロコのメリットが生きないのでどちらにしろ使えない。つまりハイシーズンはCharger BCの一択だ。94mmが本領発揮するのは春のザラメシーズンだろうが、それはBCクロカンのシーズンでもあり、またもや出番は無いのだ。

Dsc01987_r

さて、日が暮れてからは、鍋宴会となった。今回は朝食をエナジーバー系に軽量化し、その分鍋の具は白菜とキノコと肉を多めに持ってきた。軽く2人分はあったと思うが、体温維持、快眠のために残さず頂く。日本酒も熱燗にしてちびちびと。おかげでぐっすりと眠ることができた(シュラフ内プラティパスぶちまけ事件などはあったのだが...)。

明日は大高山の裏側を滑ってみよう。

Track_1501251

本日のトラック(前半)

Track_1501252

本日のトラック(後半)

|

« 150110-12 会津高畑 | トップページ | 150125-26 大高山 -第2日- »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/61514692

この記事へのトラックバック一覧です: 150125-26 大高山 -第1日-:

« 150110-12 会津高畑 | トップページ | 150125-26 大高山 -第2日- »