« 150125-26 大高山 -第1日- | トップページ | 150207-08 鹿沢スノーエリア »

2015-01-26

150125-26 大高山 -第2日-

Dsc02027_r

裏でちょいと遊ぶ。

大して冷えなかった昨夜。えむとらの話では、上空は曇っていた模様。あとで貰った写真には、おぼろ月夜が写っていた。なんとなくのんびりと過ごす。テン場を出発したのは午前9時前だった。

Dsc02000_r

天気は午後に向けて下り坂のはずだが、日が昇る頃には青空が広がり始めた。今日予定しているのは大高山の裏側。昨日の好天でも、影響を受けにくかったであろう斜面へ。

Dsc02002_r

登り始めると、背後の景色がどんどん良くなるので、振り返りながら登る。朝霧のような下層雲ができて、遠くの山並みが島のようになって印象的だった。

Dsc02004_r

浅間山も昨日より近く見える。

Dsc02020_r

ほんとに天気崩れるのか?という陽気。小高山とのコルからオープン斜面を登る。ここは大高山のスキーツアーの記録で良く出てくるところ。基本的にツリーランの大高山にあって、かなり目立つ存在ではある。ただ、個人的にはあまり魅力的には思えなかった。季節風にさらされる尾根筋にあるため、雪は硬い。そして、やや片斜面でもある。ザラメシーズンなら気持ちの良い滑走ができそうだが、この時期は条件が揃わないと面白くはないだろう。

Dsc02022_r

それよりも、対面にあるダン沢ノ頭の北東面が気になった。疎林とオープンのミックス。斜面下部がやや複雑な地形だが、上部を繰り返すなら面白そう。

1422233764168_r

テン場を出て1時間ほどで大高山山頂に到着。風も無く、少し汗ばむくらいだ。

Dsc02028_r

眼下に天狗平。細長いけど、ここもかつての噴火口なんだろうか?

Dsc02029_r

見覚えのある標柱。積雪は50センチもない?

しばらくの休憩の後、裏手へ。東側のボウル状の地形へ滑り込む。

Dsc02037_r

_img1581_r

(Photo by えむとら)

_img1600_r

(Photo by えむとら)

思ったよりも樹間は空いている。雪質は問題なく柔らかい。地形図で見るより小さな起伏があって、初見だとロングで滑るのは難しい。

Dsc02047_r

下部は狭い谷になるので、適当なところで登り返す。背後に苗場山が確認できた。標高2000mぐらいのところで稜線を乗越し、南面へ。

Dsc02052_r

天狗平への斜面は、ところどころオープン斜面をつまみ食いしながら行く。それなりにおいしいところは拾えたが、やはり初見は難易度が高い。重雪ながら、まだストップスノーにはなっていなかったのは助かった。

_img1641_r

(Photo by えむとら)

テン場でほっと一息。下山ルートを考える。来たルートを戻るか、他のルートで行くか。昨日滑って楽しかった斜面も考えたが、今滑ってきた南面の様子では、雪質はあまり期待できない。それなら斜面開拓ということで、昨日登りで見た、おいしそうな対斜面へ行くことに決定。昨日撮った画像を確認しながら斜面同定。ルートを打ち合わせして撤収。

Dsc02064_r

天狗平から小高山の直下をトラバース。

Dsc02070_r

そして笹スキーを堪能。

Dsc02076_r

途中、裏・裏岩菅山のエクストリームラインに見惚れる。

Dsc02079_r

そこからオッタテ峠を経由して、

Dsc02089_r

デロデロ地獄を通過。

Dsc02093_r

そしてたどり着いた約束の地。その実力とは。

Dsc02096_r

これは!

…、完璧なモナカ…、モナカだ。予想はしていたが、ここまで完璧とは。それでもテレマークターンができたのは、ひとえにCharger BCのおかげだ。

Dsc02102_r

恐る恐る滑った跡。ちなみに斜面の資質は高い。

Dsc02114_r

その後は、曲がらない雪のツリーランで恐怖を味わいつつ下山。

Dsc02125_r

帰りの長い林道はそこそこ板が滑り、ウロコのせいでストック鬼漕ぎという事態にはならなかった。

Track_150126

本日のトラック(前半)。大高山への登りでトラックが西側に巻いているのはGPS測定エラー。トラック後半は昨日と全く同じなので省略。

大高山とその周辺の山々には、まだ未知なる斜面が眠っている。それを効率よく滑るためには、何度か通って全体像を掴む必要があるだろう。あまり人の訪れないエリアだけに、開拓のし甲斐はある。また、日本海側と太平洋側の両方の気候の影響を受けるエリアであり、コンディションを当てる楽しみもあると思う。次はぜひ内陸ドライパウダーを当てたいところだ。

|

« 150125-26 大高山 -第1日- | トップページ | 150207-08 鹿沢スノーエリア »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/61517454

この記事へのトラックバック一覧です: 150125-26 大高山 -第2日-:

« 150125-26 大高山 -第1日- | トップページ | 150207-08 鹿沢スノーエリア »